ニュース
» 2023年05月13日 08時00分 公開

Google、2022年に講じたGoogle Playのセキュリティ強化策を公表 公開を防止したアプリの総数は143万20億ドル以上の詐欺や不正な取引を防止

Googleは、公式セキュリティブログで同社のセキュリティチームが2022年に行った悪質なアプリへの対応について紹介した。同社は数十億台のAndroid端末で毎日数十億のインストール済みアプリをスキャンし続けており、2022年にはセキュリティの強化によって143万の悪質なアプリを排除したという。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Googleは2023年4月27日(米国時間)、公式セキュリティブログで同社のセキュリティチームが2022年行った悪質なアプリに対しての対処についてを紹介した。

 同社ではマルウェアや不要なソフトウェアなどの脅威からユーザーを守るため、数十億台のAndroid端末で毎日数十億のインストール済みアプリをスキャンし続けている。

セキュリティの強化によって143万の悪質なアプリを排除

 Googleでは、2022年に機械学習システムやアプリ審査プロセスへの継続的な投資と合わせて、セキュリティに関する新機能の投入やポリシー強化を実施した。それにより、ポリシー違反のアプリがGoogle Playに公開されるのを143万回防止することとなった。また、悪意のある開発者や詐欺グループとの戦いも継続し、17万3000件の悪質なアカウントを禁止し、20億ドル以上の詐欺や不正な取引を防止した。

 電話や電子メール、その他の本人確認方法によって、新規開発者がGoogle Playのエコシステムに参加するためのハードルを上げたことで、違反アプリの公開に使われるアカウントが減少。そして、SDKプロバイダーとの提携を継続し、機密データの共有やアクセスを制限することで、Google Play上の100万以上のアプリのプライバシー態勢を強化した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。