ニュース
» 2023年06月12日 09時00分 公開

AIのリスクについてマーク・アンドリーセン氏が持論を展開、最大のリスクにも言及

以前、「ソフトウェアが世界を席巻(せっけん)する」との予言で大きな注目を集めた投資家のマーク・アンドリーセン氏が、議論の的になっているAIのリスクをテーマとした、約7000ワードの長文コラムを公開した。

[三木泉@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 「人類に最大の恩恵を与える方法で、デジタルインテリジェンスを進化させること」「人工知能の研究成果を広く公開し、一部による支配を防ぐこと」を目的として2015年に設立されたOpenAI。同社が生み出したChatGPTは世界中を驚かせると同時に、AIのリスクについての激しい議論を巻き起こしている。共同創業者でCEO(最高経営責任者)のサム・アルトマン氏は、政府や国際機関の動きに先手を打つかのように、AI企業のライセンスや監査が必要だと主張している。

 一方、過去50年にわたりディープラーニングの発展に大きく貢献し、「AI界のゴッドファーザー」とも呼ばれるジェフリー・ヒントン氏は、「AIのリスクについて自由な立場で発言できるように」Googleでの職を退いた。同氏は、AIが人の仕事を奪い、強力な戦争兵器ともなり、長期的には人間がコントロールできない存在になると考えている。

 AIのリスクは専門家・非専門家を巻き込んだ、深刻なテーマとなっている。

 こうした中、投資家のマーク・アンドリーセン氏が2023年6月6日(米国時間)、AIのリスクに関するコラムを発表した。同氏はMOSAICブラウザの開発とNetscape Communicationsの共同創業で知られ、その後ベンチャーキャピタル企業Andreessen Horowitzの共同創業者/ジェネラルパートナーとなっている。

 同氏が2011年に書いたコラム「Why Software Is Eating the World(「ソフトウェアがなぜ世界を席巻(せっけん)するのか」といった意味)」は大きな注目を浴びた。今回のコラムのタイトルは「Why AI Will Save the World」。AIの規制や開発中止を訴える主張のほとんどを否定している。

アンドリーセン氏のAIリスクについての反論

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。