データ活用において「システムが分散しているかどうか」はそれほど影響しない あずさ監査法人最も不足しているスキルは「企画力」

あずさ監査法人は、DX推進の実態やDXを推進する上での課題に関する調査の結果を発表した。それによると、最もDXが進んでいる企業はDX戦略を経営ビジョンの柱として掲げている割合が高いことが分かった。

» 2023年07月26日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 あずさ監査法人は2023年7月24日、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進の実態調査結果を発表した。対象企業のDX進行状況に合わせ、「DX始動企業」「DX推進中企業」「DX先進企業」と定義し、それぞれ重視するものと課題についてまとめた。

DX推進のために重要なデジタル技術の1位は「AI」

 経営ビジョンとDX推進戦略との関連性を見ると、最もDXが進んでいるDX先進企業は、DX戦略を経営ビジョンの柱として掲げている割合が高く、93%だった。なお、DX推進中企業は60%前後、DX始動企業は11%だった。

画像 DX推進のための戦略と経営ビジョンの関連性(提供:あずさ監査法人

 DX推進に欠かせないと思うデジタル技術について聞くと、最も多かったのは「AI(人工知能)」で、80%(複数回答、以下同)だった。次いで「クラウドソフトウェア」「ローコード/ノーコード開発」「RPA(Robotic Process Automation)」「画像解析」などが挙がった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。