AIが消防士の異常な心臓リズムを特定、心疾患発見に期待――NISTが研究成果を報告将来的に一般市民に恩恵をもたらす可能性も

NIST(米国国立標準技術研究所)は、機械学習を用いて消防士の異常な心臓リズムを正確に特定する取り組みを公式ブログで紹介した。

» 2023年08月10日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 NIST(米国国立標準技術研究所)は、機械学習を用いて、消防士の異常な心臓リズムを正確に特定する取り組みを2023年7月11日(米国時間)に公式ブログで紹介した。この研究が最終的には、手遅れになる前に医師の診察を受けるよう促すことができるようになることをNISTの研究者たちは期待しているという。

消防士が勤務中に死亡する割合は救急隊員の4倍

 全米防火協会によると、2022年には米国で36人の消防士が勤務中に心臓突然死で命を落とした。心臓突然死は、不整脈によって心臓が血液を送り出さなくなることなどで起こる。米国で心臓突然死によって勤務中の消防士が死亡する割合は警察官の2倍、救急隊員の4倍だという。

 NISTの研究者であるクリス・ブラウン氏は「毎年、突然の心臓発作は、消防士の命を奪う一番の原因となっている。心臓疾患はまた、キャリアを絶つけがや長期的な障害を引き起こす」と述べる。

異常心電図を約97%の精度で正確に識別

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。