連載
» 2023年08月22日 05時00分 公開

生成AIで強化された企業向け「Bingチャット」登場、個人向けを含めてBingチャットの社内利用を制御するには企業ユーザーに贈るWindows 11への乗り換え案内(19)

MicrosoftはMicrosoft 365サブスクリプションにおいて、商用データ保護付きの「Bingチャット」である「Bingチャットエンタープライズ(プレビュー)」を既定で有効化し、プレビュー版の提供対象を広げました。

[山市良テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「企業ユーザーに贈るWindows 11への乗り換え案内」のインデックス

企業ユーザーに贈るWindows 11への乗り換え案内

ビジネス向けにカスタマイズされた「Bingチャットエンタープライズ」

 Microsoftは「GPT-4」ベースの生成AIで強化された「Bingチャット」を、「Bingサイト」と「Microsoft Edge」のサイドバー(「b」アイコンのクリックで表示)に組み込んで提供しています。

 「Bingチャット」をコンシューマー(一般)ユーザー向けとするなら、「Bingチャットエンタープライズ」は企業向けです。Bingチャットと同じ技術をベースとしていますが、GPT-4そのものではなく、ビジネス向けにカスタマイズされた機能を提供します。

 Bingチャットエンタープライズは、「Microsoft 365」のE3、E5、Business Standard、Business Premiumのサブスクリプションライセンスを持つユーザー向けに追加費用なし(無料)で提供されます。2023年7月18日(米国時間)にプレビュー提供が開始され(既定で無効)、2023年8月17日(米国時間)にMicrosoft 365サブスクリプションのテナントで既定で有効化されました。

 一般提供の時期は明らかにされていません。対象ユーザーの資格情報(Microsoft Entra IDアカウント、旧称Azure ADアカウント)でMicrosoft Edgeにサインインしている場合、Microsoft EdgeでBingサイトにアクセスするか、Microsoft Edgeのサイドバーの上にある「b(検出)」アイコンをクリックすると、通常版のBingチャットではなく、Bingチャットエンタープライズにアクセスできるようになります(画面1)。

画面1 画面1 Microsoft 365の対象サブスクリプションでは、Bingチャットエンタープライズが既定で有効化され、Bingサイトにアクセスするのと同じ方法でBingチャットエンタープライズにアクセスできるようになる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。