オンプレ向けのESU購入にも対応、マルチクラウドで使える新たなパッチ管理サービス「Azure Update Manager」とはMicrosoft Azure最新機能フォローアップ(204)

Microsoftは「Azure Update Management」に変わる、新しいパッチ管理サービス「Azure Update Manager」の一般提供を開始しました。Azure Update Managerは、2023年10月10日に製品サポートが終了するWindows Server 2012/2012 R2向けの拡張セキュリティ更新プログラムの月額購入にも対応します。

» 2023年09月26日 05時00分 公開
[山市良テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

新しい「Azure Update Manager」はレガシーサービスに非依存

 Microsoftは2023年9月18日(米国時間)、オンプレミス、Microsoft Azure、他社クラウド上のWindows/Linuxのパッチ管理に対応した「Azure Update Manager」について、全てのAzure仮想マシン(VM)および「Azure Arc」リージョンでの一般提供開始を発表しました。

 Microsoft Azureでは、オンプレミス、Azure、他社クラウド上のWindows/Linuxの物理/仮想インスタンスのパッチ管理に対応した「Azure Update Management」が提供されていました。

 これまでのAzure Update Managementは、AzureのAutomationアカウントに依存する「Azure Automation」と、2024年8月31日以降サポートされなくなる「Log Analyticsエージェント」(またはMicrosoft Monitoringエージェント)に依存していました。新しいAzure Update Managerは、Azure Update Managementの「v2バージョン」といえるもので、Azure Automation、Log Analytics、Azure Monitorのサービスに依存しません。

 Azure Update Managerは、Azure上のWindows/Linuxインスタンスについては、「Azure仮想マシンWindows/Linuxエージェント」(Azure VM拡張機能)とともに機能し、オンプレミスや他社クラウドのインスタンスは、「Azure Arc対応サーバーエージェント」(Azure Arc対応VM拡張機能)とともに機能します。その他に特別なコンポーネントを必要としません。OSのパッチ管理に加え、近日中に「Microsoft SQL Server」のパッチ管理にも対応する予定です(2023年8月からプレビュー)。

Azure Update Managerの新しいエクスペリエンス

 Azure Update Managerは、AzureポータルのAzure VMやAzure Arc対応サーバの「更新プログラム」または「更新」ツールで、従来のAzure AutomationとLog Analyticsサービス依存のAzure Update Managementから切り替えることで利用できます(画面1)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。