「Android Studio」から利用できるAIコードアシスタント「Studio Bot」、日本でも利用可能に「Android Studio」でのアプリ開発をサポート

「Android Studio」から直接アクセスできるAIベースのコーディングアシスタント「Studio Bot」が、170以上の国と地域(日本を含む)で利用可能になった。

» 2023年09月27日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Googleは2023年9月21日(米国時間)、「Android Studio」から直接アクセスできるAIベースのコーディングアシスタント「Studio Bot」を、170以上の国と地域(日本を含む)で利用できるようにしたと発表した。

 Android Studioは、Androidアプリ開発用の公式の統合開発環境(IDE)。Studio Botは、Android StudioのCanary版のリリースチャネルで提供されている。今回発表された措置により、2023年5月に発表されたStudio Botは、ほとんどの国で利用できるようになったが、対応言語は英語のみとなっている。

 Studio Botは自然言語を理解でき、開発者がチャットウィンドウに入力した内容に応じて、アプリのコードを生成したり、質問に答えたり、関連リソースを見つけたりできる。これにより、開発者が高品質のAndroidアプリをより迅速に作成できるよう支援する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。