ニュース
» 2023年11月08日 08時00分 公開

IBM、データおよびAI向けストレージの新製品「IBM Storage Scale System 6000」を発表非構造化データに対応

IBMは、「IBM Storage Scale System 6000」を発表した。今日のデータ集約型およびAIワークロードの需要に対応するよう設計されたクラウドスケールのグローバルデータプラットフォームだとしている。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IBMは2023年10月31日(米国時間)、「IBM Storage Scale System」の新モデル「IBM Storage Scale System 6000」を発表した。今日のデータ集約型およびAI(人工知能)ワークロードの需要に対応するよう設計されたクラウドスケールのグローバルデータプラットフォームだとしている。

 IBM Storage Scale Systemは、TB/秒のパフォーマンス、低遅延、ノード当たり数千万IOPSを提供する数千のノードに、「IBM Storage Scale」をデプロイ(展開)できるオールフラッシュでハイブリッド型のハードウェアアプライアンス。IBM Storage Scaleは、スケールアウト型のファイルとオブジェクトのソフトウェア定義ストレージプラットフォームだ。

 IBM Storage Scale Systemは、IBM Storage Scale、「IBM Storage Ceph」(オープンソースのソフトウェア定義ストレージソリューション)とともに、IBMのデータおよびAI向けストレージ製品ポートフォリオを構成している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。