ニュース
» 2023年12月12日 08時00分 公開

Meta、生成AIモデルを使った責任ある開発を支援する「Purple Llama」プロジェクトを発表信頼と安全性につながるツールと評価基準、方法を提供

Metaは、オープンな生成AIモデルを使った責任ある開発を支援する包括的プロジェクト「Purple Llama」を立ち上げた。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Metaは2023年12月7日(米国時間)、「Purple Llama」の立ち上げを発表した。Purple Llamaは、オープンな生成AI(人工知能)モデルを使って責任ある開発を推進するためのツールと評価基準、方法を整備する包括的なプロジェクトだ。

 生成AIを用いた開発の信頼と安全性の確保に重要なこれらのオープンなツールと評価基準、方法は、Metaのオープンソース大規模言語モデル(LLM)「Llama 2」の「Responsible Use Guide」(責任ある使用のためのガイド)で共有されているベストプラクティスに従って、開発者が責任を持って生成AIモデルや体験をデプロイ(展開)するための公平な土俵を提供することが意図されている。

 MetaはPurple Llamaの第1ステップとして、LLMのサイバーセキュリティ安全性評価ベンチマークのセット「CyberSecEval」と、展開しやすいように最適化された入出力フィルタリングのための安全性分類器「Llama Guard」を発表した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。