連載
» 2023年12月19日 05時00分 公開

「Windows Admin Center 2311」がリリース、Windowsクライアント管理機能がさらに強化Microsoft Azure最新機能フォローアップ(211)

Microsoftは、2023年11月中旬からパブリックプレビュー提供していた「Windows Admin Center(WAC)バージョン2311」の一般提供を開始しました。

[山市良テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

半期に一度のメジャーアップデート、WAC バージョン2311

 「Windows Admin Center(WAC)」は、「Windows Server」「Windows 10/11」クライアント、Windows ServerとMicrosoft Azureとのハイブリッド環境、およびハイパーコンバージドインフラストラクチャ「Azure Stack HCI」のセットアップと構成、管理に対応した、モダンブラウザ(「Microsoft Edge」および「Google Chrome」)対応のWebベースの管理ツールです。

 Microsoftは2023年12月12日(米国時間)、最新のGA(Generally Available、一般提供)バージョン「WAC バージョン2311」をリリースしました。GAビルドは「1.5.2312.09001」です(画面1)。

画面1 画面1 WAC 2311には、多数の新機能と改善が行われている

 WACは半期に一度、新バージョンがリリースされ、旧バージョンは新バージョンがリリースされてから30日後に終了します。現在、「WAC バージョン2306」を利用中で、Microsoft Updateによる更新を「有効」にしている場合は、今後、2〜3週間のうちにWindows Updateを通じて更新されますが、すぐに更新したい場合は、WACにアクセスして[設定|更新]から「WindowsAdminCenter2311.msi」をダウンロードして更新してください。

画面2 画面2 WAC 2306を利用中の場合は、Windows Update経由で更新されるのを待つか(Microsoft Updateの有効化が必要)、このリンクからMSIをダウンロードして更新する

WAC バージョン2311の新機能と改善点は?

 WAC バージョン2311には10を超える新機能と改善点があり、そのリストは「?|新着情報」で確認できます。

 主な新機能は、「クラスターマネージャー」の「イベント」ツールが全てのノードにまたがるイベントを監視できるようになったことと、「ファイル&ファイル共有」ツールに「ファイルの編集」機能が追加されたことの2つです(画面3)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。