ニュース
» 2024年01月09日 10時30分 公開

IDCの2024年10大予測 生成AIのイノベーションに向けた活用本格化、AI責任者が経営幹部に昇格などDXの次の目標はデジタルを活用した収益源を確保する「デジタルビジネス」の実現

IDCは、デジタルビジネス戦略に関する10大予測を発表した。イノベーションに向けた生成AIの活用や、デジタルビジネスのあらゆる領域に生成AIを活用していく「AI Everywhere」が広まると予測している。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IDCは2023年11月29日(米国時間)、「IDC FutureScape:Worldwide Digital Business Strategies 2024 Predictions」を発表した。今後1〜2年の間に世界のビジネスエコシステムに変化をもたらす外部要因に焦点を当てたレポートであり、技術、IT部門がデジタル主導の世界で繁栄するために必要なテクノロジーを定義し、構築し、管理する際に直面する課題が紹介されている。

 DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進する企業は、業務をデジタル化してコストを削減し、効率を向上させるだけでなく、新たなデジタル収益源を模索している。そうした企業にとって次なる目標がデジタルビジネス、すなわちプロセス、製品、サービス、エクスペリエンスで使用するテクノロジーの使用に基づいて価値創造が行われるビジネスだと、IDCは指摘している。

 IDCのワールドワイドDB戦略担当リサーチディレクターのクレイグ・パワーズ氏は「DXは最初のステップにすぎない。変化から真の価値を得るには、企業自体がイノベーションの段階に移行する必要がある。IDCは2024年までに多くの企業がイノベーション能力を向上させると予測しており、競争力を維持したい企業はイノベーションを成し遂げる能力と文化を構築しなければならない」と述べている。

IDCの2024年10大予測

 IDCが発表した、デジタルビジネス戦略に関する10大予測は次の通り。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。