ニュース
» 2024年01月15日 08時00分 公開

WebAssembly用のKotlin、α版リリース Kotlin/JSを上回るパフォーマンス継続的にアップデート予定

JetBrainsは、WebAssembly用のKotlin「Kotlin/Wasm」のα版リリースを発表した。これにより、マルチプラットフォームライブラリ「Kotlin Multiplatform」を使用して、Webアプリケーション用の宣言型ユーザーインターフェースをKotlinで作成できるようになった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 チェコのJetBrainsは2023年12月21日(現地時間)、WebAssembly用のKotlin「Kotlin/Wasm」のα版リリースを発表した。これにより、マルチプラットフォームライブラリ「Kotlin Multiplatform」を使用して、Webアプリケーション用の宣言型ユーザーインタフェースをKotlinで作成できるようになった。

 また、「Kotlin Playground」でもKotlin/Wasmをサポートするようになったため、ブラウザで直接WebAssemblyコードスニペットを書き、Kotlin/Wasmが提供する機能を確かめることも可能だ。

 Kotlin/Wasmはkotlinxライブラリ一式を導入している。このライブラリには「kotlinx-atomicfu」「kotlinx.coroutines」「kotlinx.serialization」「kotlinx-datetime」「kotlinx-io」が含まれている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。