Docker、ファイル操作を最大10倍高速化する新機能を「Docker Desktop」で提供開始買収したMutagenのファイル共有技術を活用

Dockerは、Docker Desktopで同期ファイル共有機能の提供を開始した。

» 2024年02月28日 20時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Dockerは2024年2月6日(米国時間)、Docker開発環境をさまざまなOS上に構築できる「Docker Desktop」で、同期ファイル共有機能(Synchronized File Shares)を提供開始した。

 「同期ファイル共有機能により、高速かつ柔軟なホスト間ファイル共有が実現し、膨大なコードベースを扱う開発者のパフォーマンスが向上する。開発者は2〜10倍高速にファイル操作できるようになる」と、Dockerは述べている。

開発者のエクスペリエンス向上

 Dockerは次のような開発者にとって同期ファイル共有機能が最適だとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。