経営リーダーが創造的破壊の担い手となるには何が必要かGartner Insights Pickup(343)

経営リーダーは、自らがリーダーとしての行動様式を変える必要があることを認識し、イノベーションを加速させる上で重要な行動をマスターしなければならない。

» 2024年03月22日 05時00分 公開
[Tsuneo Fujiwara, Gartner]

ガートナーの米国本社発のオフィシャルサイト「Insights」などのグローバルコンテンツから、@IT編集部が独自の視点で“読むべき記事”をピックアップして翻訳。グローバルのITトレンドを先取りし「今、何が起きているのか、起きようとしているのか」を展望する。

 ディスラプション(創造的破壊)が次々と起こる中、野心を持つ企業が迅速かつ革新的な認識、優先順位付け、対応をし、あっという間に従来の企業に取って代わっている。イノベーションを活用して優れた商品、サービス、効率的な業務およびビジネスモデルを実現し、既存企業に挑戦したからだ。

 多くのイノベーションリーダーにとって、社内人材の能力や社内のリスク選好度、組織文化が、依然としてイノベーションの最大の障壁となっている。こうした社内の障壁を克服するために、経営リーダーは新たなリーダーシップを発揮し、イノベーションを加速させなければならない。チームの考え方を変えるには、ディスラプター(創造的破壊者)になる必要がある。

 過去数年に相次いで起こったディスラプションから得られた教訓がある。従来のリーダーシップの在り方は、変えなければならなかった。COVID-19(新型コロナウイルス感染症)ワクチンのような新しい製品を生み出すイノベーションを、タイムリーに成功させるために必要な俊敏性、コラボレーション、信頼、成果をもたらさなかったからだ。コロナワクチン開発のような“ムーンショット”(※)は、達成基準が明確な目標が設定され、チームがコラボレーションと協働ができる環境が整備され、スピードが何よりも優先されたときに、創造的破壊を起こすリーダーシップによって達成された。

※ 短期的な利益を期待せずに行う、野心的、探索的、画期的なプロジェクト。極めて困難で多大なリソースを必要とするが、実現すれば、大きなインパクトのある成果が得られる取り組み。ムーンショットのもともとの意味は、月探査ロケットの打ち上げ。

トレーニングと教育リソースを提供する

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。