連載
» 2023年12月20日 05時00分 公開

「仕事? 楽しいよ!」と言えなかった僕仕事が「つまんない」ままでいいの?(108)(1/2 ページ)

「仕事、楽しいですか?」という問いに、あなたなら何と答えますか?

 最近、偶然にも何人かの人から「竹内さん、最近どうです? 仕事、楽しいですか?」と聞かれることがありました。何でも、外から見ていると「楽しく働いているように見える」そうです。

 ただ、実のところ、「仕事が楽しいですか?」という問いに、僕は返答に困ってしまいました。

 僕が経営しているNPO法人しごとのみらいの理念は「一人ひとりの『楽しい』で、しごとのみらいを創る。」です。以前、「ストレスをかけるマネジメント」を受けて、心が折れかかったことがあります。また、これまで幾度となく仕事で「あ〜、しんどい。もう嫌だ」と思った経験もあります。そんなこともあり、「一人一人が、もっと楽しく仕事ができたらいいな」と思うようになりました。

 1日のうちで最も多くの時間を費やしているのが仕事です。「仕事=人生」といってもいい。それならば、仕事が少しでも「楽しい」と感じられたら「人生が楽しい」といえるはず。

 「一人ひとりの『楽しい』で、しごとのみらいを創る。」という理念は、そんな経験や思いを基に、仲間と紡いだ言葉です。

 一方で、いざ自分ごととして「仕事、楽しいですか?」と問われたとき、「うーん」と返答に困ってしまった……。「僕は、楽しく働いているのだろうか?」そんな疑問が湧きます。「掲げている理念を、自分が実践できていないのかも」と思ったのです。

 皆さんはどうですか? 仕事は楽しいですか?

仕事? 楽しい……かな……

自信を持って「仕事が楽しい!」とはいえない3つの理由

 だからといって「仕事が全く楽しくない」わけでもありません。仕事はうまくいっていますし、多くの方とのご縁や各所からお声掛けを頂く機会も増えました。

 それなのに、なぜ大手を振って「仕事? 楽しいよ!」と言えないのか――それには、大きく分けると3つの理由があるような気がします。

 1つ目は、全身全霊で「楽しい!」といえる状態ではないことです。

 仕事か否かにかかわらず、僕の中で「楽しい!」といえる状況を考えてみると……案外「どうでもいい」情景が脳裏に浮かびます。親しい知人と酒を飲みながら「くだらない話で盛り上がっている」とか、テレビや動画を観ながら「ばかな話で笑っている」とか。

 そんな、「ささいな楽しさ」で彩られていれば、「案外幸せ」というか……。

 一方「仕事が楽しい!」という状況を想像してみると……何となく「極端な情景」が思い浮かびます。「すごい結果を出している」とか、「すごくもうかっている」とか、毎日が超充実していて「やる気に満ちあふれている」とか、何もしなくても「お客さんがわんさかやってくる」とか、大勢の人に囲まれていて「キャーキャー言われている」とか。

 仕事としてやるべきことはやっているけれど、現状はすごい結果を出しているわけでもなければ、毎日が超充実していて100%やる気に満ちあふれているわけでもない。

 ひょっとしたら、自分の中にある「楽しさの判断基準」が極端過ぎるから、「仕事? 楽しいよ」と言いづらいのかもしれません。

 2つ目は、「常に課題感がある」ことです。

 これまで、自動車のエンジニア、プログラマー、組織作りや人材育成の講演家、地域活性化の仕事など、その時々に応じてやりたいこと、必要だと思うことを中心に仕事をしてきました。

 会社員を離れてからは、「言われたことをしていればいい」という環境ではなく、常に「目の前の課題を解決しなければならない」という状況に置かれていました。それ故、仕事といえば「ちゃんと売り上げを立てること」とか、「認知を広げること」とか、常に課題と向き合い続けなければならなかったような気がします。

 現在はおかげさまで「食うに困る」という状況ではなくなりました。それでも「もっと頑張らなくちゃいけない」といった呪縛があるのかもしれません。

 また、近年特にそうなのですが、自身の「やりたいこと」というよりも、社会の「やるべきこと」に関心が向いています。世の中にある課題や問題に対して「このままじゃまずい」「何とかしなきゃ」と動機付けられる……というか。

 でも、人口減少を個人の力では止められないように、社会の「やるべきこと」を変えることは、それほど容易ではありません。それだけに、自身の行動に対して「すごく動いた」「大きく変化した」と感じられることは少ない。常に課題がある状態だから「大変」とは思っても、「楽しい」とまでは感じられないのかもしれません。

 3つ目は、「忙しい」ことです。

 ありがたいことに、最近さまざまな方面から仕事に関するお声掛けを頂いています。しかし、その分忙しい。幾つかの用件をパラレルで動かさなければならないときもあります。

 そういった状況が続いているからか、気持ち的な余裕がなくなってきて、「楽しい」というよりも、いつも「大変」という感じです。こういった「心の余裕のなさ」が、「仕事? 楽しいよ!」と言わせないのかもしれません。

 これはあくまでも僕の場合ですが、仕事が楽しいといえない理由には「周囲との人間関係が悪い」や「やりたいことができていない」など、いろんな理由があると思います。もし、皆さんが「仕事が楽しい」と感じられていない場合、一度「何が自分に、『仕事が楽しい』と感じさせないのか」を考え、まとめてみると、気持ちの整理ができるかもしれません。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。