テキスト生成AIのリスクを利用形態、想定ユースケースごとに解説 デジタル庁がガイドブックを公開テキスト生成AIのサービス開発者が対象

デジタル庁は、「テキスト生成AI利活用におけるリスクへの対策ガイドブック(α版)」を公開した。政府情報システムを対象に、テキスト生成AI固有と思われるリスクに焦点を当て、留意点を紹介している。

» 2024年05月31日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 デジタル庁は2024年5月29日、「テキスト生成AI(人工知能)利活用におけるリスクへの対策ガイドブック(α版)」を公開した。同庁のWebサイトからダウンロードできる。

画像 プレスリリース

全10章でユースケースごとにリスクと対応策を解説

 本ガイドブックには、生成AIを利用するためのシステム開発に関わる担当者を対象に、生成AIを行政サービスなどで利用する際に起こり得るリスクとその対応策がまとめられている。一方で、学習データのサプライチェーンや権利問題に関するリスク、ディープフェイクなど“サービス利用者のリスク”には触れていない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。