ITスキル不足が世界で約5.5兆ドルの損失を引き起こす IDC予測「学習文化の醸成が不可欠」

IDCは北米のITリーダーを対象にした調査結果を発表した。従業員のITスキル不足は深刻化しており、企業はトレーニング、スキルアップ、リスキリングのための独創的な方法を見つける必要があるという。

» 2024年06月04日 10時15分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IDCは2024年5月14日(米国時間)、北米のITリーダーを対象にした調査結果を発表した。これによると、回答者の約3分の2が「ITスキルの不足が原因で、収益成長目標の未達、品質の問題、顧客満足度の低下などが生じた」と回答した。IDCは、2026年までに世界中の組織の90%以上がITスキル不足の影響で、製品の遅延、競争力の低下、事業の失策によって約5.5兆ドルの損失が発生すると予測している。

企業が求めるITスキル

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。