生成AIは「セキュリティのスキルギャップ問題」を解消できるのか チェック・ポイントが調査結果を発表調査対象企業のほとんどがAIを導入済み、または検討中

チェック・ポイントは、サイバーセキュリティに対する生成AIの活用に関する調査結果を発表した。セキュリティにおけるスキルギャップが企業に深刻な影響を与えつつある中で、対策として生成AIへの期待が高まっていることが分かった。

» 2024年06月10日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ(以下、チェック・ポイント)は2024年6月7日、サイバーセキュリティに対する生成AI(人工知能)の活用に関する調査結果を発表した。

広がるスキルギャップ、高まる生成AIへの期待

 調査結果によると「自社のセキュリティに自信がある」という回答が70%以上ある一方で、89%は「有能な人材の雇用が困難だ」と答えた。こうしたセキュリティに関するスキルギャップは企業に大きな影響を与えており、自社のセキュリティ業務に「スキルギャップの影響があった」と回答した割合は89%で、そのうち40%は「強い影響があった」と回答している。

画像 セキュリティ業務におけるスキルギャップの有無について(提供:チェック・ポイント

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。