新たな価値を創造するAI ディープラーニング

「AI(人工知能)開発や活用で日本は先進国に大きな後れを取っている」といわれている。だが、自動運転を初めとして、一次産業、製造、小売、流通、医療などさまざまな領域でAIの活用事例があり、取り組みは着実に進んでいる。では、AIで経営課題や社会課題を解決するために、企業は何から取り組めばいいのか。NVIDIAが支えるAI技術活用の現場と最新製品を通じてヒントを探る。

課題解決

実用段階に入ったとされるAIだが、日本での普及は、まだ思うようには進んでいない。AI導入の課題に「開発基盤の不備」を挙げる企業も多いが、多くのソリューションが登場し、開発環境は整っている。活用が進まない背景には何があるのか。

導入事例

人間とのインタラクションによってロボットに言葉を学習させるためには、1つの行動ごとに学習モデルを更新し、モデル学習を繰り返す必要がある。そこでネックとなった、モデルの学習時間をどのように短縮したのかを本事例から読み解く。

精密機器開発メーカーであるイシダは、食品の異物検出精度を高めるべく、いち早くAIの開発を進めてきた。ディープラーニングの学習速度を向上させ、従来と比べて最大約5倍のスピードでの開発を実現した同社の取り組みを紹介する。

AIを活用した株式ポートフォリオ診断サービスを、証券会社と共同開発する中で、CPUによるAIの学習速度の遅さに課題を感じていたHEROZ。この問題を解消すべく導入されたのが、GPUベースのソリューションだ。

国内最大級の海事データを蓄積しながら、分析する人材とコンピューティングリソースの不足という課題を抱えていた東京海洋大学。専門のAI人材育成のため、同大学が取り組んだのが、教育・研究環境となるAI開発基盤の導入だ。

AIの開発期間は用いるコンピュータの性能によって大きく左右され、高精細な画像が必要な場合、通常のコンピュータではディープラーニングの学習に膨大な時間がかかる。非鉄金属メーカーのフジクラでは、その課題をどう解決したのか。

テロ行為や犯罪行為への対策として世界中で活用されている監視カメラ。その設置台数は日々増加しており、映像解析技術による有効活用が求められる。日立製作所はその課題に対し、高い演算性能をリーズナブルに実現するGPUを採用した。

AI/ディープラーニングの活用が企業の成長のカギを握るといわれる一方、導入に成功した企業はまだ少ない。製造現場の要員比率の4割を占めていた搬送/検査の工程にAIを導入した武蔵精密工業の取り組みから、その成功の秘訣を探る。

日立ハイテクソリューションズ提供、医師を支援する「リハビリテーションAI」。多忙な医師が実務で使えるレスポンスの速さを実現したものとは? クリック操作で高速に高精度なAIモデルを生成、すぐに活用できる「AIモデラー」とは?

多くの顧客のAI導入を支え、いまや日本のAI研究をリードする富士ソフトだが、かつては開発工程がボトルネックとなり、顧客のスピード感に対応しきれなかった時期があった。この課題をどのように解決したのだろうか。

恋愛相談に答えるチャットbotサービスを提供するなど、AI研究開発に注力しているNTTレゾナント。言葉の意味を理解して回答を生成できる技術に満足せず、より人間らしい会話に近づけるため、同社が採用したスーパーコンピュータの実力とは?

最新技術

AI推論や大規模データ分析などをはじめとするエンタープライズワークロードでは、優れたパフォーマンスと低消費電力を両立したコンピューティング環境が求められている。これを高いレベルで実現するアクセラレータが登場した。

ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)ワークロードを実行するためのインフラには、今後もさらなる性能の向上が求められる。その目的のために登場した、新たなデータセンター製品の実力に迫る。

先行きの不透明さの不安から、ITへの積極的な投資を控える動きもみられるが、アフターコロナを見据えた"攻めのIT"の取り組みも欠かせない。戦略的に事業を成長させるのに必要な要素とは。

ビジネスでのAI活用が加速しているが、ワークロードごとにコンピューティングアーキテクチャを採用する従来型のアプローチは、コストの増大やインフラの複雑化を招く。これを回避し、現代のAIに必要な水準を満たす方法を探る。

イノベーションの加速が期待されるAIだが、その実践には高速な演算性能と迅速にディープラーニングを開始できる環境が必要となる。それをコンパクトに実現する手段として注目されるのが、オフィス向けAI開発用ワークステーションだ。

グラフィック演算だけでなく、AI開発やデータ分析、HPCなどでもニーズが高まっているGPU。現在ではデスクトップ、サーバ、クラウドサービスのあらゆる場面で、性能向上とコスト削減を実現するまでに進化を遂げているという。

関連ニュース

提供:エヌビディア合同会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部/掲載内容有効期限:2021年10月31日

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

GTC(GPU Technology Conference)では、各分野、領域における最新技術に関する1600以上ものセッションをご覧いただけます。現代の産業に変革をもたらしている先進的な技術について、 GTCでしか手に入らないインサイトやトレーニングを提供します。本イベントは参加費無料、事前登録制です。ご登録はお早めに!

NVIDIA 最新ウェビナー情報

過去のウェビナー一覧

NVIDIAとストレージベンダーのデータダイレクト・ネットワークス(DDN)によるパートナーシップはAI活用を検討する企業にどのような価値をもたらしているのか。NVIDIA DGX POD デモセンターの採用、共同開発の成果であるレファレンスアーキテクチャの公開、GTC2020 でのコラボレーションなど、最新の取り組みを動画で振り返る。

2020年12月に開催された「GTC China」の発表をベースに、自然言語処理やGAN(敵対的生成ネットワーク)などAI研究の最新事例を紹介します。また、Quadro/RTX製品活用のメリットと効果を、CPU・コンシューマグラフィックス製品との比較を交えて解説します。

NTTレゾナントが自社開発の対話エンジンとNVIDIAの対話型AIフレームワーク「Jarvis」を連携させたAIエージェントを発表、自由な音声会話を通じたレストラン予約のデモと、独自のAIアルゴリズム「ConvBERT」を解説します。AIによる音声会話の最新技術をご視聴ください。

AIの研究開発はコンピュータビジョンから自然言語処理を含むマルチモーダルな領域へ拡大を続ける一方で、その応用範囲は自動運転、ロボティクスなどへ広がり続けています。ハードウェアとソフトウェアの両面にわたるNVIDIAの取り組みを交え、これらの最新動向をご紹介します。Dell主催、NVIDIA共催の本セミナーでは、DellとNVIDIAの他にも事例講演として、AI自動翻訳サービスをご提供されている株式会社ロゼッタ様にもご講演頂きました。

NVIDIA vGPU-VDI をご利用頂くことで、すべての部署で事業継続が可能となり、生産性が上がるテレワークをご支援します。ソリューション概要と多くのメリットをご確認ください。

2020年5月14日に開催された「GTC 2020」で、NVIDIAが発表したGPUの新しいアーキテクチャ「Ampere」。今までのアーキテクチャとは何が違うのか、動画で解説する。

2020年5月14日に開催された「GTC 2020」で、NVIDIAはあらゆるワークロードに対応するAIシステムを発表した。性能やパフォーマンスの詳細を動画で解説する。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。