ニュース
» 2022年05月30日 05時00分 公開

英情報保護監督機関、顔認識DB企業Clearview AIに755万ポンドの罰金と英国居住者データの削除を命令ネット上の公開情報の無断収集で英データ保護法に違反

英国情報コミッショナー局は、米国Clearview AIに755万2800ポンド(約12億円)の罰金を科した。同社がインターネットから勝手に収集した英国内外の人々の画像を使用して、顔認証に使用可能なグローバルオンラインデータベースを作成したためだ。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 英国の個人情報保護監督機関である情報コミッショナー局(ICO)は2022年5月23日(英国時間)、米国の顔認識データベース企業Clearview AIが、Webやソーシャルメディアから収集した英国内外の人々の画像を使用して、顔認証に使用可能なグローバルオンラインデータベースを作成したとして、同社に755万2800ポンド(約12億円)の罰金を科したと発表した。

 ICOは同社に対し、インターネット上で公開されている英国居住者の個人データの取得と使用を停止し、英国居住者データを同社のシステムから削除するよう命じる執行通知も発行した。

 ICOの強制措置は、オーストラリアの監督機関であるオーストラリア情報コミッショナー事務局(OAIC)との共同調査後に行われた。この共同調査は、Clearview AIによる人々の画像の使用、インターネットからのデータスクレイピング、顔認証のための生体データの使用に焦点を当てたものだった。

 Clearview AIは、世界中のインターネットやソーシャルメディアプラットフォームで公開されている情報から200億枚以上の人々の顔画像とデータを収集し、オンラインデータベースを作成した。人々は、自分の画像が収集され、このように使われることを知らされていなかった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。