特集
Windows 2000とは何か ?

コラム:Windows 2000ベータ3パッケージの内容

デジタルアドバンテージ
1999/10/26


 マイクロソフトは、Windows 2000の最終ベータ版となるベータ3を、一般公募にて募集した4万人のユーザーに広く配布した(公募はすでに終了している)。この一般公募に先がけて一部の開発者向けに配布されたベータ3とは異なり、こちらは写真のようにきれいなパッケージに簡単なペーパードキュメントとCD-ROMが収められている([追加情報]その後マイクロソフトは、1999年12月発売のパソコン雑誌の付録として、Windows 2000 Professional/ServerのRC2版を添付した。RC2を添付した雑誌の一覧はマイクロソフトの公式Windows 2000サイトの「関連書籍情報」ページを参照。また2000年1月には、プレス向けに最終製品版の配布を開始した。詳細は「Insider's eye--速報:Windows 2000製品版CD-ROMの内容」を参照)。

クリックすると図が拡大表示されます
Windows 2000 Beta 3パッケージ
申し込みを行った4万人のユーザーに実費配布されたWindows 2000 Beta 3パッケージ。内部には6枚のCD-ROMが収録されている。

 このベータ3パッケージに含まれていたものは次のとおり。

内容物 形態 主な用途
Windows 2000リーフレット チラシ Windows 2000 Professional、Server、Advanced Serverの特徴と必要システム構成などをそれぞれ1枚にまとめたチラシ
日本語プレリリース版(Beta3)お使いになる前に ペーパードキュメント インストール時の注意事項、インストール方法、ベータ3の制限事項などをA4判 32ページにまとめたドキュメント
Windows 2000 Professional CD-ROM Windows 2000 Professional(PC/AT互換機版、PC-9800シリーズ版)インストール用CD-ROM
Windows 2000 Server CD-ROM Windows 2000 Server(PC/AT互換機版、PC-9800シリーズ版)インストール用CD-ROM
Windows 2000 Advanced Server CD-ROM Windows 2000 Advanced Server(PC/AT互換機版)インストール用CD-ROM
Windows 2000 Support Tools CD-ROM Windows 2000 Professional/Server/Advanced Serverのデバッグ用シンボルファイル
Windows 2000 Evaluation and Deployment Kit Disc 1 CD-ROM Windows 2000を評価、導入を支援するための各種ドキュメント(日/英)。他にNT 4.0 Service Pack 4やInternet Explorer 5.0、Word/Power Point Viewerなどのプログラムを収録
Windows 2000 Evaluation and Deployment Kit Disc 2 CD-ROM Windows 2000 Resource Kit(Beta 3)/ITプロフェッショナル向けトレーニングプログラム
ベータ3パッケージの内容

 このようにパッケージには、Professional、Server、Advanced Serverの各CD-ROMが収録されている。このうち、Advanced Server以外は、PC/AT互換機とNEC PC-9800シリーズ用が1枚のCD-ROMに収められている。なおベータ3の有効期限は、インストール後444日までである。

 Windows 2000のインストーラ自体は、プラグ アンド プレイ対応などによるデバイスの自動認識機能などが組み込まれており、Windows 9xのそれに勝るとも劣らず高機能で、本来、作業は簡単に進められるように配慮されている。ただしまだ開発途中のベータ3ということ、ドライバサポートも十分とはいえない部分があることから、インストールに失敗するケースもあるようだ。こうしたベータユーザーの生の声については、マイクロソフトが主催しているニュースグループ(microsoft.public.jp.win2000.beta)を覗けば聞くことができる。

 CD-ROM2枚に収録されている「Windows 2000 Evaluation and Deployment Kit」には、Windows 2000に関するさまざまなドキュメント類や、ツール、トレーニングプログラムなどが収録されており、たいへん勉強になる。ただしDisc1のドキュメントの一部が日本語化されている以外は、基本的にすべてが英語なのは残念である。

 Disc2には、Resource Kitのベータ版が収録されており、(おそらく)一部のドキュメントと、ツール集が収録されている。サーバ向けの分析・管理ツールが多数収録されているので、サーバをテスト運用するユーザーは是非ともインストールしてみるとよいだろう。

 またDisc2に収録されているトレーニングプログラムは、Windows Media Playerを利用して、動画と音声によりWindows 2000の解説を行うものである。プレゼンテーション形式なので、それほど細かい点は説明されないが、時間があるなら、ひととおり再生することで、Windows 2000の概要を把握することができるはずだ。ただしこちらもすべて英語なのは残念だが…。

クリックすると図が拡大表示されます
Microsoft Official Curriculum for Microsoft Windows 2000の画面
このように、Media Playerコントロールによる動画と音声を利用して、プレゼンテーション形式でWindows 2000について説明してくれる。
 
 
     
 INDEX
  [特集]Windows 2000とは何か?
  1. イントロダクション
  コラム:Windows 2000ベータ3パッケージの内容
  2. マイクロソフトのWindows2000戦略
    コラム:Windows NTの歴史
    コラム:コンシューマ向けWindowsの今後のロードマップ(1)
    コラム:コンシューマ向けWindowsの今後のロードマップ(2)
  3. Windows 2000 Professionalの概要(1) インストール/セットアップ
  4. Windows 2000 Professionalの概要(2) ユーザーインターフェイスの改良
  5. Windows 2000 Professionalの概要(3) デバイスサポート/電源管理機能
  6. Windows 2000 Professionalの概要(4) システムの強化
  7. Windows 2000 Professionalの概要(5) ネットワーク機能の強化
  8. Windows 2000 Serverの概要(1) 管理ツールとActive Directoryサービス
  9. Windows 2000 Serverの概要(2) ファイル/プリンタ共有サービス
  10. Windows 2000 Serverの概要(3) ネットワークとリモートアクセスサービス
  11. Windows 2000 Serverの概要(4) アプリケーションサービスとAdvanced Server

 更新履歴

【2000.1.18】冒頭部分にRC2版および製品版に関する別記事へのリンクなどを追加しました。
 
 特集


Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH