連載
» 2006年02月09日 00時00分 公開

第1回 Windows Server 2003 R2の概要Windows Server 2003 R2レビュー(2/3 ページ)

[打越浩幸,デジタルアドバンテージ]

MMC 3.0と新しい管理ツール・パック

 Windows Server 2003 R2では、管理コンソールMMCのバージョンが従来の2.0から3.0へと改良され、スナップインの管理機能やエラー処理機能、操作ガイド用のヘルプ・メニューの表示機能などが強化されている。ファイル・サーバ・リソース・マネージャやDFSの管理ツールなど、いくつかのツールでは利用可能な操作メニューやヘルプなどを常に右側ペインに表示させるようにしている。システムの管理などに慣れていないユーザーにとっては、便利な機能だ。

MMC 3.0管理コンソール
管理コンソールの右側に「操作」ペインが表示されるようになった。ここに、現在利用可能な機能の一覧や操作ガイドが表示されるので、使いやすくなっている。またスナップインの構成や配置などをカスタマイズすることにより、使いやすい管理コンソールにすることができる。

新しい管理ツール・パック

 「管理ツール・パック」とは、Windows Server 2003 R2システムをリモートから管理するためのツール集である。従来のサーバOSでも、Adminpak.msiという管理ツール・プログラムのインストール・ファイルが用意されており、これをクライアントOS上にインストールすれば、サーバOSをリモート管理することができた。Windows Server 2003 R2では新たにMMC 3.0を使ったファイルやプリンタ、DFS(後述)などの管理ツールが用意されているが、これらもリモートから利用できるようになっている。Windows Server 2003 R2のインストールCD-ROM中には、Windows XP SP2向けのMMC 3.0モジュールとそれを使った管理ツールが用意されており、これらをインストールしてリモートから管理することもできる。

ファイル・サーバの管理ツール

 ファイル・サーバ関連の機能を総合的に管理するツールとして「ファイル サーバーの管理」というツールが用意されている。クォータやDFS、共有フォルダ、ディスク・ボリューム、SAN記憶域管理などのツールが統合されている。

「ファイル サーバーの管理」ツール
従来の管理ツールのうち、ファイル・サーバ関連のものやフォルダ管理、ディスク管理ツールをすべて1つにまとめたもの。MMC 3.0の新機能を活用して、ヘルプ・ファイルや操作メニューなどを備えることにより、使いやすくしている。

ファイル・サーバ・リソース・マネージャ

 これはファイル・サーバの管理ツールのうち、クォータやファイルのフィルタリング、レポート機能をセットにしたものである。ファイル・サーバの使用状況に関する機能がまとめられている。

「ファイル サーバー リソース マネージャ」ツール
クォータの管理やファイルのスクリーニング、レポートなどの機能がまとめられている。先の「ファイル サーバーの管理」ツールでも操作することができるが、このツールにはリソース関係のものだけがまとめられている。

 以下、これらの機能についてみていこう。

ファイル・クォータの管理

 Windows Server 2003 R2のクォータ機能は従来から拡張され、フォルダ単位で容量制限できるようになった。従来のWindows Server 2003にもクォータ機能はあったが、ボリュームごとに、ユーザー単位でのみ制限することしかできなかった。しかしWindows Server 2003 R2のクォータでは、ユーザーではなく、(ユーザーには関係なく)フォルダごとに制限を加えることができる。これはUNIXなどにおけるクォータ機能と同じであり、より分かりやすく、そして実用的になっている。

クォータの機能 Windows Server 2003 R2のクォータ 従来のクォータ
クォータの追跡 フォルダごと ボリューム上のユーザーごと
使用量の算出 実際のディスク上の占有容量 論理的なファイル・サイズ
通知機能 電子メール、カスタム・レポート、イベント・ログ イベント・ログのみ
Windows Server 2003 R2の新しいクォータ機能
従来のクォータ機能と比べると、フォルダ単位で制限できるようになった点が大きな変更点。

クォータ管理ツール
改良されたクォータ機能。従来はボリューム単位でクォータをかけていたが、Windows Server 2003 R2では任意のフォルダごとに制限をかけることができる。そのため、管理ツールも新しく用意された(従来はディスクのボリュームのプロパティ・メニューに含まれていた)。クォータのテンプレートとは、クォータのサイズや制限の方法(制限値に達した場合に、それ以上の書き込みを禁止するか、それともログを記録するだけか)、ログやイベントの発行方法などの方法をまとめたもの。テンプレートを利用すると、同じクォータ制限を複数のフォルダに適用するのが簡単になる。

ファイル・スクリーニング処理

 ファイル・スクリーニング(フィルタリング)とは、特定の種類の拡張子を持つファイルの保存を禁止したり、(禁止はしないものの)ファイルの保存操作を検出して、管理者やファイルを保存しようとしたユーザーにメールを送ったり、ログの記録やコマンドの実行などの操作を行ったりする機能である。例えばファイル・サーバに.mp3や.wma、.mpgなどのマルチメディア系ファイルを保存することを禁止する(書き込みエラーとなり、ユーザーはこれらのファイルを一切保存できなくなる)、実行ファイルや.DLLファイルを保存しようとしたら、「ウイルスを含んでいる可能性があるので注意するように」といった警告メールを送信する、といった操作を実行できる。

ファイル・スクリーンの管理ツール
ファイルのスクリーニング(フィルタリング)機能を利用すると、例えば.mp3や.mwaといった音楽ファイルをサーバに保存することを禁止したり、監視したりできる。制限されている種類のファイルを書き込もうとするとエラーになり、設定されていれば、メールで管理者や書き込もうとしたユーザー。

記憶域レポートの作成

 Windows Server 2003 R2では、ファイル・サーバ・リソースに関する利用状況を定期的に調査し、レポートを生成したり、メールなどで通知したりする機能が用意されている。レポート化できる項目としては、クォータごとの使用率、ファイル・サーバの使用率、ファイルのスクリーニング処理(フィルタ処理)の監査状況、ファイルのサイズや種類、所有者ごとの使用ログなどがある。

記憶域レポート機能
ファイル・サーバの使用状況に関するレポートを出力させる機能。サーバ・ディスクの使用量やユーザー別、ファイルの種類やサイズ別の使用量、クォータの使用状況などをレポートにしたり、メールで送信させたりできる。スケジュールを組んで、定期的に送信させることも可能。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。