連載
» 2006年08月19日 00時00分 公開

Swingのイベント処理を知るSwingでJavaに強くなる(4)(2/2 ページ)

[酒井貴規,株式会社シンプレクス・テクノロジー]
前のページへ 1|2       

アプリケーションの振る舞いを実装

 アクション、イベント、アクション・リスナーをより確かに理解するために、プログラムを書きながら解説します。

プロジェクトの作成

 今回用に「SwingChapter04」という名前のプロジェクトを作成します(第1回の“プロジェクトの作成”を参考にしてください)。

クラスの作成

 GUIアプリケーションの起動、コンポーネントの配置、コンポーネントのアクションに応じた処理を担当するクラス「SwingAppMain」を作成します。

package swing.sample;
import java.awt.BorderLayout;
import java.awt.Container;
import javax.swing.JButton;
import javax.swing.JFrame;
import javax.swing.JPanel;
import javax.swing.JScrollPane;
import javax.swing.JTextArea;
import javax.swing.JTextField;
import java.awt.event.ActionListener;
import java.awt.event.ActionEvent;
public class SwingAppMain implements ActionListener {
        private JFrame mainFrame;
        private Container contentPane;
        private JTextField textField;
        private JTextArea textArea;
        private JScrollPane scrollPane;
        private JPanel buttonPane;
        private JButton addButton;
        private JButton clearButton;
        // コンストラクタ
        public SwingAppMain(){
                mainFrame = new JFrame("サンプル");
                mainFrame.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
                mainFrame.setSize(320, 200);
                mainFrame.setLocationRelativeTo(null);
                contentPane = mainFrame.getContentPane();
                textField = new JTextField();
                textArea = new JTextArea();
                scrollPane = new JScrollPane(textArea);
                addButton = new JButton("追加");
                clearButton = new JButton("消去");
                // 「追加」ボタンとアクション・リスナーの関連付け
                addButton.addActionListener(this);
                // 「消去」ボタンとアクション・リスナーの関連付け
                clearButton.addActionListener(this);
                buttonPane = new JPanel();
                buttonPane.add(addButton);
                buttonPane.add(clearButton);
                contentPane.add(textField, BorderLayout.NORTH);
                contentPane.add(scrollPane, BorderLayout.CENTER);
                contentPane.add(buttonPane, BorderLayout.SOUTH);
                mainFrame.setVisible(true);
        }
        // 利用者の操作に応じた処理を実装
        public void actionPerformed(ActionEvent event){
                // ユーザの操作対象を判断
                if(event.getSource() == addButton) {
                        // テキストエリアへ文字列を追加
                        textArea.append(textField.getText() + "\n");
                }
                if(event.getSource() == clearButton) {
                        // テキストエリアの文字列を全消去
                        textArea.setText(null);
                }
        }
        // アプリケーションの起動
        public static void main(String[] args) {
                new SwingAppMain();
        }
} 

アプリケーションの実行

 「SwingAppMain」クラスを実行すると、図2のウィンドウが表示されます。

図2 アプリケーションの実行結果 図2 アプリケーションの実行結果

 このアプリケーションでは、

  1. 利用者の操作([追加]ボタンのクリックというアクション)に応じてテキストフィールドに入力されている文字列をテキストエリアに追加
  2. 利用者の操作([消去]ボタンのクリックというアクション)に応じてテキストエリアの文字列をすべて消去

という処理を行います。

図3 追加ボタンをクリック 図3 追加ボタンをクリック

プログラムの解説

1.アクション・リスナーの実装

 ボタンに対して利用者の操作(アクション)に反応するためには「ActionListener」をimplementsしたクラスを定義する必要があります。今回の例では「SwingAppMain」自身がその役割を担っています。

public class SwingAppMain implements ActionListener {

 「ActionListener」インターフェイスはimplementsするだけでは機能しません。このインターフェイスは抽象メソッド「actionPerformed」を宣言しているためです()。

 そのため「SwingAppMain」固有の「actionPerformed」メソッドを定義します。

public void actionPerformed(ActionEvent event){
} 
注:「actionPerformed」メソッドを定義しない場合、コンパイルエラーが発生します。

図4 コンパイルエラー 図4 コンパイルエラー

2.アクション・リスナーの登録

// 「追加」ボタンとアクション・リスナーの関連付け
addButton.addActionListener(this);
// 「消去」ボタンとアクション・リスナーの関連付け
clearButton.addActionListener(this); 

 ボタンはアクションがあった場合に、どのクラス(メソッド)を実行すればよいかをあらかじめ知っておく(関連付けておく)必要があります。そのため「addActionListener」を実行し、ボタンとアクション・リスナーを実装したクラスとを関連付けます。

 「addActionListener」の引数には「ActionListener」をimplementsしたクラスのインスタンスを設定します。今回の例では「SwingAppMain」自身となるため「this」を設定しています。

 上記のコードを記述することで[追加]ボタンまたは[消去]ボタンがクリックされたとき「SwingAppMain」クラス固有の「actionPerformed」が実行されるようになります。

3. 利用者の操作に応じた処理の実装

 ボタンに対してアクションを行うと「ActionEvent」のインスタンスが生成されます。

 今回の例では、「追加」ボタンまたは「消去」ボタンに対して行われたアクション(クリック)の結果として生成された「ActionEvent」クラスのインスタンスの情報を基にアプリケーションの振る舞い(actionPerformed)を変えています。

// 利用者の操作に応じた処理を実装
public void actionPerformed(ActionEvent event){
        // ユーザーの操作対象を判断
        if(event.getSource() == addButton) {
                // テキストエリアへ文字列を追加
                textArea.append(textField.getText() + "\n");
        }
        if(event.getSource() == clearButton) {
                // テキストエリアの文字列を全消去
                textArea.setText(null);
        }
}

まとめ

 今回は利用者の操作に応じてアプリケーションがどう振る舞うのかをプログラミングする方法(Swingに用意されているイベント処理のモデル)について解説しました。次回はこれまでに解説してきた技術を応用して簡単なGUIアプリケーションを構築したいと思います。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。