連載
» 2008年01月17日 00時00分 公開

いまさら聞けないActiveX&デジタル証明書入門いまさら聞けないリッチクライアント技術(8)(3/3 ページ)

[江原顕雄,@IT]
前のページへ 1|2|3       

見直してみないか? IEの設定を

 ActiveX Controlを安全に利用するためにも、IEの設定が適切にできているか、チェックしてみましょう。まずは、IEの[ツール]→[インターネットオプション]→[セキュリティ]をクリックしましょう。IEに関するセキュリティの設定がこの画面でできます。

図12 インターネット オプション 図12 インターネット オプション

 「インターネット」「イントラネット」「信頼済みのサイト」「制限付きのサイト」と4つのゾーンに分かれてセキュリティの設定ができます。お勧めの設定は「インターネット」のゾーンはActiveX Controlの制限を厳しくし、ActiveX Controlが必要なサイト(Windows Update、オンラインのアンチウイルスサービスなど)は「信頼済みのサイト」に登録し、信頼済みのサイトはActiveXが動くように設定しましょう。

 細かい設定は「レベルのカスタマイズ」ボタンを押して、ActiveX Controlとプラグインについて非常に細かく設定できます。

図13 セキュリティの設定 図13 セキュリティの設定

 作業が面倒な人は、セキュリティ画面で、セキュリティのレベルを「高」に設定すればActiveX Control機能は無効になってしまいます。「セキュアにしたいけど、ActiveX Controlやプラグインを利用したい」人は、「レベルのカスタマイズ」から必要な項目を「ダイアログを表示する」を設定すれば、利便性と安全性を兼ね備えた設定となります。

 信頼済みのサイトの登録方法はとても簡単です。「信頼済みのサイト」のアイコンをクリックし、サイトのボタンをクリックします。

図14 信頼済みサイトのアイコンをクリック 図14 信頼済みサイトのアイコンをクリック

 そして、「次のWebサイトをゾーンに追加する」の欄に利用するURLを入力し、「追加」ボタンを押せば、OKです。

図15 信頼済みサイトにURLを追加すればOK! 図15 信頼済みサイトにURLを追加すればOK!

あなたのIEは安全ですか?

 今回はActiveXとActiveX Control、そしてデジタル証明書について解説をしました。ActiveX自体は以前ほどの注目を浴びてはいませんが、まだまだWebコンテンツ・サービスで大活躍をしています。

 とても便利なActiveX Controlですが、セキュリティの設定をきちんとしてないと、ウイルスアドウェアに侵入されて、あなたのPCがガタガタにされてしまう可能性があります。この記事を読んだら、早速IEを使っているユーザーは設定をもう一度チェックしてみましょう。

今回の3行まとめ

  • ActiveXはMicrosoft社が開発した特定のプログラミング技術群の総称
  • ActiveX ControlはWebブラウザを通じてダウンロードし、IEの機能を拡張する
  • ActiveX Controlはキチンと設定をしておかないとマルウェアの餌食(えじき)になる


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。