ニュース
» 2013年11月07日 18時00分 公開

ついにJavaがRaspberry Piとフラットデザインでタブレット市場に参入!?〜JavaOne 2013まとめレポート(中編)(3/5 ページ)

[山本裕介,株式会社サムライズム]

Raspberry Piベースのタブレット、DukePad登場!

 続いて登場したのはJavaFXの顔としておなじみのRichard Bair氏とJasper Potts氏だ。そしてPotts氏の手にはなんとJavaで動作するというタブレットの試作機、「DukePad」が!

Potts氏はDukePadとともに颯爽と登場

 DukePadは設計が公開されおり、「誰でも買える部品で構成されているので(ケースを作るのに必要な)レーザーカッターさえあれば誰でも作れる」とした。

DukePadを構成するパーツ

 もちろん一般家庭にレーザーカッターがあるはずはなく、キットとして販売することも視野に入れているという。DukePadはハードウェアにRaspberry Piとタッチパネル液晶、カメラなどを、ソフトウェアにJava SE/JavaFXを採用しているという。そしてRaspberry Pi自体はGalaxy S4やCorei7搭載のPCと比べて、GeekBenchのスコアがずいぶん低いことを示した。

GeekBenchでは圧倒的にスコアが劣るRaspberry Pi

 しかしGeekBenchはCPUとメモリアクセスのパフォーマンスに重きを置いており、GPUのパフォーマンスはあまり反映されないという。JavaFXは描画にGPUを活用するため、DukePadは、CPUと比べてGPUのパフォーマンスが優れているRaspberry Piの力を発揮できるという。

今風なフラットデザインのDukePadホーム画面

 実際にDukePadを操作して計算機やメディアプレーヤーなどを使って見せ、一般的なタブレットとしてそれなりに動作することを示した。Raspberry Piにハードウェアのチューニングを施したり、Javaも今回のデモ専用のビルドを使ったりということはなく、通常のRaspberry PiとJava 8のウィークリービルドを使っているという。

JavaFXとMayaでできた3Dチェスゲーム

 そしてReinhold氏が「動画や写真などスムースに再生できるのは分かった。みんなが知りたいのは『チェスをプレイできるのか?』だよ」と聞くと、「もちろん」と再びチェスゲームが登場した。

DukePadで動作するJavaFXベースのチェスゲーム(左)とブラウザで動作するHTML5ベースのチェスゲーム(右)

 今度はHTML5ではなくJavaFXベース、しかも3Dだ。WebSocketを介してデスクトップのブラウザとDukePadで対戦できることを示した。続いてReinhold氏が質問したのは「GeekBenchのスコアが圧倒的に低いRaspberry Piで、これだけの描画ができるなら、Core i7のマシンで動かしたらどうなる?」だ。今回の基調講演は芝居が凝っている。そこで登場したのはデスクトップのJavaFX版チェスゲームだ。

デスクトップのJavaFXではチェスゲームが3Dアニメーションする!

 3Dであるだけではなく、スムーズなアニメーション演出が凝っている。3Dのモデリング、アニメーション製作はコストが掛かるが、OpenJFXの成果により、デファクトスタンダードであるMayaをはじめとする主要ツールのファイルをインポートして、JavaFXで使えるようになっているとのことだ。

3Dモデル、アニメーションはMayaで製作

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。