連載
» 2014年02月06日 18時00分 公開

WordPressインストール&テーマカスタマイズ超入門隔週刊「キャンペーンサイト構築&運用」(2)(2/4 ページ)

[佐藤翔,ねこポッポ]

ローカル環境のWordPressをクラウド上に反映し全世界に公開

 早速AzureWebサイトにローカルの内容を反映させてみよう。まずは、WebMatrix 3のウィンドウの左上にある「発行」をクリックする。

 次に、「サイトの新規作成」を選択する。

 「サイト名」に希望のドメインを入力し、「場所」は東アジアを選択する。

 発行される内容(変更されたファイルとデータベース)が表示されるので、「続行」をクリックする。

 ウィンドウの下部に発行状況が表示される。完了後、先ほど入力したドメインのサイトを確認すると反映されている。

WordPressのテーマをカスタマイズする

 続いては、コーディングだ。ローカル環境にインストール後は、WebMatrix 3でWordPressで必要なファイルの作成や編集とコーディングを行っていく。

 WebMatrix 3は、入力補完機能やHTMLタグのエラーを表示機能などがあり、エディターとして使いやすいことはもちろん、発行(デプロイ)やデータベース編集なども可能で、AzureWebサイトとの強力な連携が魅力だ。

オリジナルのテーマフォルダーを作成

 WordPressのテーマディレクトリ「themes」内にオリジナルのテーマフォルダーを作成する。「themes」を選択した状態で、「新規」タブから「新しいフォルダー」をクリックする。

 ここでは、「necopocampaign」というフォルダーを作成する。

index.php、CSS、画像素材を準備

 さらに、「新規」タブから今度は「新しいファイル」をクリックする。下記のファイル選択画面で、PHPを選択し、名前に「index.php」と入力し、「OK」をクリックする。

 同じ方法で、今度はCSSを選択し、「style.css」を作成する。

 また、サイトに必要な画像などの素材については、フォルダーを作成後(ここでは「img」フォルダー)、フォルダーを右クリックして「ファイルエクスプローラーで表示」を選択し、画像を入れておく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。