連載
» 2014年06月24日 18時00分 公開

声を変えると表現力が変わるアナウンサー×2年目社員 目指せ! ライトニングトークの星(2)(2/2 ページ)

[山崎美和、赤井 誠,@IT]
前のページへ 1|2       

声を磨けば、自信が付く

 「声」を磨くことで、大きな良い影響を与えられます。実際に、私のトレーニングに参加した皆さんの感想を紹介しましょう。

今までは自分の声に自信が持てず、少し焦りを感じていましたが、改善できると分かり自信が持てました

私でも確実に話せる、という自信が持てた気がします

具体的に声の持つ魅力について学び、とてもやる気が出てきました

やればできるという自信が持てました

自分の話し方に自信がなく、人前で話すことが不安でしたが、今は少し自信が付き、気持が楽になりました

 声を磨くことで、自信が付き、自分らしい話し方ができるようになる。これが、声が持つチカラだと思います。さらに、声は職場に良い影響も与えることにつながります。

  • やる気のある元気な声や言葉が飛び交って、その場に活気があふれるようになる
  • 声格の良い人が集まると、協調性と積極性が生まれ、雰囲気が明るくなる
  • コミュニケーション能力が身につく

 声を磨くことは重要です。声によって、プレゼンテーションでも他の人より一歩、いいえ、大きな差をつけられるのです。

声の磨き方を動画で学ぶ

 では、どうやって声を磨くのか? それは、冒頭の動画でも紹介しましたが、次の3つの要素をトレーニングすることです。

  1. 発声
  2. 滑舌
  3. 表現力


 まずは「発声」。発声や発話のトレーニングを繰り返すと、声のパワーが高まり、自信の伝わる説得力のある話し方ができるようになります。

 次に「滑舌」。滑舌が良くなると、聞き取りやすい話し方ができるようになり、相手に聞き返されなくなります。

 そして、「表現力」。表現力を身に付けると、話が人に理解されやすくなり、知的イメージがアップします。

 すぐに全てができるわけではありませんが、少しずつトレーニングをすることで、徐々に声が磨かれていきます。今回の動画では、発声のトレーニング方法を簡単に紹介します。ぜひ、参考にしてください。

発生の基礎は「あくび」?

 次回は、「発声」について、さらに具体的なトレーニング方法を紹介します。お楽しみに。

筆者プロフィール

Jeremy 山崎美和

執筆・プレゼントレーニング 山崎美和

キャリアヴォイス代表 フリーアナウンサー、キャリアカウンセラー

フリーアナウンサーとして18年間マスコミの仕事に携わった後、キャリアカウンセリングに関する資格を取得。大学や行政機関、社会人を対象としてキャリアカウンセリング(6000人以上)やキャリア講演、ヴォイストレーニング、プレゼンテーション、就職支援講座の講師を務める。2014年春、キャリアヴォイスを提唱。参加者のニーズにマッチしたヴォイストレーニングを開催している。
キャリアヴォイスFacebookページ

所有資格
2級キャリア・コンサルティング技能士(国家資格)/CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)/産業カウンセラー/メンタルヘルスマネジメント検定ラインケアーコース


赤井 誠

監修 赤井 誠

MKTインターナショナル代表取締役 キャリアカウンセラー

日本ヒューレット・パッカードで当時最下位だったLinuxビジネスを担当し、国内トップの規模にまで成長させ、さらにはHPグローバルでも1位を達成し、伝説のプロジェクトマネージャーと呼ばれる。2011年にMKTインターナショナルを起業。マーケティング支援、事業開発、人材開発を事業の柱として活躍。

著書:リーダーにカリスマ性はいらない


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。