連載
» 2015年02月20日 13時41分 公開

第1回 ASP.NET 5をOS X/Linuxで使うための準備連載:OS X/LinuxによるASP.NET 5アプリ開発ガイド(3/5 ページ)

[かわさきしんじ,Insider.NET編集部]

UbuntuへのXREのインストール

 UbuntuへXREをインストールするには、以下が必要になる。

  • mono(3.4.1以上)
  • curlコマンド(指定されたURLとの間でファイル転送を行うコマンド)

 まずはこれらのインストールを行おう。

monoとcurlのインストール

 OS Xでは、HomebrewでXREをインストールする際に同時にmonoもインストールされたが、Ubuntuの場合は手動で前もってインストールしておく必要がある。Ubuntu 14.04 LTSでは「sudo apt-get install mono-complete」コマンドでインストールされるmonoのバージョンが「3.2.8」と古いため、mono-projectダウンロードページから最新版をインストールする。

 実際のインストール手順については、ダウンロードページにある各ディストリビューション用のインストラクションを参考にしてほしい。例えば、Ubuntuへのmonoのインストールについてのドキュメントは「Debian, Ubuntu, and derivatives(英語)」ページで参照できる。

 ここでは上記のページに従って、以下の手順でmonoをインストールした(詳細なコマンドラインは上記のページを参照のこと)。

  1. monoプロジェクトのGPG公開鍵を「apt-key」コマンドで入手する
  2. monoが提供しているリポジトリをパッケージの入手元リストに追加する
  3. 「sudo apt-get update」コマンドを実行して、ダウンロード可能なパッケージのインデックス情報を更新する
  4. 「sudo apt-get install mono-complete」コマンドを実行してmonoをインストールする

 最後に「sudo apt-get install curl」コマンドを実行してcurlコマンドをインストールする(curlコマンドがインストールされていない場合)。

XREのインストール

 XREのインストールはGitHub上に記載されている以下のコマンドラインを入力するだけだ。

curl -sSL https://raw.githubusercontent.com/aspnet/Home/master/kvminstall.sh | sh && source ~/.kre/kvm/kvm.sh


XREのインストールコマンド

 このコマンドは、GitHubで公開されている「kvminstall.sh」ファイルを取得して、shコマンドでそのファイルを実行し(これによりXREがインストールされる)、最後に「~/.kre/kvm/kvm.sh」ファイルをsourceコマンドで実行する(これによりkvm.shファイルに記述されている設定内容が現在のシェル環境に読み込まれる)。

 必要に応じて、上記の「XREのインストールコマンド」でも行っている「source ~/.kre/kvm/kvm.sh」などのコマンドラインを「~/.bash_profile」ファイルなどに追記しておく(筆者の環境では同様な記述が「~/.bashrc」ファイルに自動的に追加された)。

 OS Xの場合とは異なり、Ubuntuでは上記のコマンドラインを実行してもKVMがインストールされるだけだ。そのため「kvm upgrade」コマンドを実行して、最新バージョンのXREをインストールしておく必要がある。

 なお、OS XとUbuntuではXRE関連のファイルが格納されるディレクトリも異なっている。OS Xでは「~/.k」ディレクトリが使われていたが、Ubuntuでは「~/.kre」ディレクトリが使われる。また、OS Xでは「~/.k/runtime」ディレクトリにランタイムの各バージョンが、「~/.k/packages」ディレクトリに後述する「kpm restore」コマンドで取得したアセンブリなどが格納される。一方、Ubuntuでは「~/.kre/packages」ディレクトリにランタイムが、「~/.kpm」ディレクトリ以下に「kpm restore」コマンドで取得した各種アセンブリが格納される。

 UbuntuでASP.NET 5を実行するための準備はこれで完了だ(実際には、もう一手間が必要になるが、これについては後述する)。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。