連載
» 2017年06月27日 05時00分 公開

UnityアプリをWebGL、UWP、Android、iOS用としてビルドしてみたゲーム開発初心者のためのUnity入門(終)(2/5 ページ)

[薬師寺国安,PROJECT KySS]

ユニティちゃんを並走させる

 「Hierarchy」内の「U_Character_REF」をダブルクリックすると、クリックした3Dキャラの位置が表示される。「Project」内の「Assets」→「unitychan」→「Models」をクリックして、その中にある「unitychan.fbx」を、既に配置されている3Dキャラの横にドラッグ&ドロップする(図8)。

図8 「unitychan」をドラッグ&ドロップする

 次に、「unitychan」を選択した状態で、Inspector内の「Animator」→「Controller」の右端に表示されている「○に・」のアイコンをクリックして、表示される「Select RuntimeAnimationController」から、「Layer」を選択する(図9)。

図9 「Layer」を選択する

 ここでは、「U_Character_REF」キャラの動きを、「unitychan」に適用させている。

 「U_Character_REF」キャラを選択して、Inspector内を見ると、「Idle Run Jump(Script)」というものが追加されている。そこで、これも「unitychan」に追加する必要がある(図10)。

図10 「U_Character_REF」キャラに「Idle Run Jump(Script)」が存在している

 図9の「unitychan」で設定した「Animator」の「Controller」には、同じく「Layer」と指定されている。要は、「unitychan」の設定も、ここと同様にする必要があるわけだ。よって、「Idle Run Jump(Script)」を追加する必要がある。

 まず、「Hierarchy」から「unitychan」を選択し、「Inspector」内の「Add Component」をクリックする。「Scripts」を選択し、表示されるリストから「Idle Run Jump」を選択する。

 全て追加すると、図11のようになる。図10を見ると分かるが、「unitychan」に図10と全く同じ設定をしているわけだ。

図11 「unitychan」に全ての設定を行った

 設定は以上で完了だ。プレー画面で実行してみよう。実行すると、動画2のように表示される。2人の足並みがそろって一緒に走るようになる。また、走っている途中でマウスをクリックするとジャンプをする。

動画2 2人のキャラが足並みをそろえて走り回る

 以上で、サンプルアプリに関する解説は終わりだ。

 ここで、Unityメニューの「File」→「Save Scene as」から「Unityファイルの書き出し」という名前で保存しておこう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。