連載
» 2016年12月22日 05時00分 公開

2016年、Windows関連の話題を振り返る山市良のうぃんどうず日記(81:年末特別編)(2/4 ページ)

[山市良,テクニカルライター]

●4月――Windows 10のトラブルシューティング、もう一度、まとめました

 本連載では、Windows 10へのアップグレードやアップグレード後のトラブル事例と解決方法を何度も取り上げてきました。2016年3月までのトラブル事例は、以下の記事にまとめてあります。

 その後もトラブル事例は尽きません。主に、Windows Updateを起因としたトラブル、品質更新プログラムや機能更新プログラムによる仕様変更に関わるトラブルが多かったと思います。

●5月――“Windows 7 SP2のようなもの”の提供

 Windows Vistaは2007年1月、Windows 7は2009年7月のリリースです。これらのOSの「サービスパック(Service Pack:SP)」は、それぞれ2009年5月のWindows Vista SP2、2011年2月のWindows 7 SP1が最後です。最後のサービスパックからの期間が長いため、その後にリリースされた更新プログラムも膨大な数になっています。

 トラブルシューティングのためにWindows VistaやWindows 7を新規インストールしたことがある人なら分かると思いますが、最後のサービスパック以降の全ての更新プログラムをインストールするには膨大な時間がかかるだけでなく、まず間違いなくいくつかのトラブルに遭遇します。

 例えば、Windows Updateのコンポーネントが古いことが原因で更新が検出されなかったり、リソースの問題でCPUが100%に張り付き、更新の検出やダウンロード、インストールが一向に進まなかったりといったトラブルです。

 Windows Updateに問題があっても新しいサービスパックがあれば解消されるのですが、Windows VistaとWindows 7はすでに延長サポートフェーズに入っており、新しいサービスパックが提供されることはありません。

 Windows 7に関しては、2016年5月に良いニュースがありました。Windows 7 SP2ではありませんが、Windows 7 SP1以降の全ての更新プログラム(ただしIE 11およびIE 11関連を除く)を含むロールアップ更新プログラム「KB3125574」が提供されたのです。これにより、新規インストールから最新状態に更新するまでの時間と労力は大幅に短縮されます。以下の記事で実際にやってみました。

 Windows Vistaに関してはロールアップ更新プログラムの提供はありません。先日、日本のWSUS(Windows Server Update Services)サポートチームのブログに、以下のような記事が投稿されました。根本的な問題解決にはならないかもしれませんが、Windows Updateで問題に遭遇したら試してみる価値はあります。

 実は、Windows XPでmicrosoft.comのWebサイトを参照できない問題が別のPCでも再現するのかどうかを、Windows XP Professional SP3を仮想マシン環境に新規インストールして試してみました。結果は、Windows Updateサイトから更新の確認とインストールを手動で実行することで、更新プログラムの検出がゼロになるまで何のトラブルもなく更新できました(画面4)。

画面4 画面4 最近、Windows XP Professional SP3をインストールしてみたが、問題なく更新できた。Windows XP向けのWindows Updateサイトはまだ生きている

 Windows Updateが「コントロールパネル」に完全に統合されたWindows Vistaから、Windows Updateは爆弾を抱えてしまったように感じます。Windows 10でWindows Updateは新たに生まれ変わるチャンスを得たのですが、これまでの状況を見る限り、試行錯誤中という感が否めません。

●6月──半ば強引なWindows 10へのお誘い

 マイクロソフトはWindows 10の2015年7月のリリースに向けて、Windows Updateを通じて「Get Windows 10(GWX)」アプリをWindows 7 SP1およびWindows 8.1のPCに配布して、Windows 10の無料アップグレードの予約を受け付けました。正式リリース後は、Windows Updateを通じてWindows 10のアップグレードの提供を開始しました。

 GWXアプリには何度か変更が加えられ、「無効にしたはずなのによみがえった」といったゾンビ扱いや、「予約していないのにアップグレードが始まった」「勝手にアップグレードされた」「アップグレードを取り消せない」といったトラブルを起こすなど、話題に事欠きませんでした。今思えば懐かしささえ感じます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。