連載
» 2017年03月07日 05時00分 公開

AWSとAmazon EMRを利用してみるきょうから試せる Hadoop“スモールスタート”ガイド(6)(3/6 ページ)

[佐々木達也,著]

EC2を利用する

 EC2とは、AWSが提供する仮想インフラストラクチャーサービスです。簡単に言えば仮想サーバの時間貸しサービスであり、サーバのOSはLinuxやWindowsなどが選択できます。ちなみにEMRは内部的にはEC2を利用してインスタンスを起動しているのですが、それに加えてHadoopクラスタの構築まで自動で行ってくれるためユーザがHadoopをインストールしたりする必要はありません。

EC2を起動する

 試しに一度、EC2を起動してみましょう。S3のときと同様にAWSコンソールから操作できます。コンソール左上にリージョンを指定する部分があるので好きなリージョンを指定してください。S3と同じリージョンを選択するのがお金も掛からないので良いと思います。今回はアメリカ東部(デフォルト)を選択しました。

 その状態で「Launch Instance」をクリックすると起動フローが立ち上がります。最初はAMIの選択になりますが、ここではAmazon Linux AMIを選択してみます。

図3-22 AMIの選択 AMIの選択

 Amazon Linux AMIとは、簡単に使えて、常にメンテナンスされていて、EC2の環境に最適化されたLinuxのAMIです。Amazon Linux AMIはできるだけ軽量かつシンプルに設計されており、不必要なアプリケーションやサービスは全く入っていません。必要に応じてパッケージをインストールすることになりますが、その際にはAWSがS3上で用意するパッケージリポジトリから素早くインストールすることができます。

 インスタンスタイプはマイクロを選択しましょう。実はAWSの新規アカウント登録ユーザはマイクロインスタンスを1年間無料で利用することができるのです※32。せっかくなのでいろいろと触ってみましょう。

※32 Amazon EC2 Pricing | アマゾン ウェブ サービス(AWS 日本語)


キーペアの作成

 その後、「Create a new Key Pair」というフローになります。ここではキーペア(Key Pair)を新たに作成してそれを使うように設定します。

図3-23 キーペアの作成 キーペアの作成

 EC2やEMR利用時に起動したEC2インスタンスには、SSHでリモートログインして操作することになります。本来、SSHでのリモートログイン時はパスワード認証も行えるのですが、AWSではパスワード認証を許可していないため、必ず公開鍵暗号方式で認証しログインすることになります。そのための公開鍵・秘密鍵のことをAWSではキーペアと呼んでいます。

 もちろんPuttyなどで生成した鍵を登録して使っても良いのですが、今回のようにAWSコンソール上からEC2のインスタンス起動時にその場で作成することも可能です。秘密鍵がダウンロードされるので~/.sshなどに置いてください。

 これでEC2が起動をはじめて以下のような画面になったかと思います。

図3-24 EC2インスタンスが起動 EC2インスタンスが起動

EC2インスタンスにSSHログインする

 さて、ではEC2が起動したと思うので、次は起動したEC2インスタンスにSSHでリモートログインしてみましょう。さきほどのキーペアを使って以下のようにログインします。ユーザ名はec2-userとしてログインして下さい。この手順はEMRでマスターノードにログインするときも同じです。

 xxxxxの部分はコンソールでインスタンスを選択すると画面下の方に表示されるのでそこから確認してください。この例だと、ec2-174-129-155-9です。

図3-25 EC2インスタンスのドメインを確認する EC2インスタンスのドメインを確認する

 もしこのようなエラーが表示された場合には秘密鍵のパーミッションが間違っている可能性があるので、パーミッションを600に設定してください。

 無事にログインできれば以下のようなログイン画面が表示されるはずです。

図3-26 EC2インスタンスにログインした画面 EC2インスタンスにログインした画面

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。