連載
» 2021年07月01日 05時00分 公開

Chromeでパスワードを自動生成してセキュリティ向上Google Chrome完全ガイド

ネットサービスを使い始める際、ユーザーアカウント登録時のパスワード設定が面倒ですよね。でもGoogle Chromeなら、パスワードを自動生成できます。その使い方と注意点を説明します。

[島田広道,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Google Chrome完全ガイド」のインデックス

連載目次

「他のサイトで指定したパスワードを使い回すのは危ない」とは聞いたけど…… いちいちパスワードを考えるのも面倒。1つずつ覚えるのも大変…… パスワードの長さも注意しないといけない…… Chromeにパスワードを自動生成させたい!

 会員制のサイトでユーザー名とパスワードを登録する際、よく「他のサイトと同じユーザー名/パスワードの組み合わせを使い回すな!」と注意されます。確かに、どこかのサイトでユーザー名/パスワードが漏れたら、全部のサイトにログインされてしまい、危険です。

 でもWebサイトごとにパスワードを別々にするのは結構面倒です。サイトごとにパスワードのルール(文字数や数字が必要など)が異なることもあり、それに合ったパスワードを考えなければなりません。またどのサイトでどのパスワードを設定したか忘れてしまい、ログインできなくなることもあります。

 Google Chrome(以下、Chromeと略)なら、パスワードを自動生成して、さらに保存もできます。本稿では、その使い方と注意点を説明します。

 なお、Chromeにユーザー名/パスワードを保存しているなら、Tech TIPS「Google Chromeに保存されているWebサイトのIDとパスワードの情報を確認する」の方法で、保存されているパスワードを確認できます。

【準備】Chromeでのパスワード自動生成には同期設定が必須

 Chromeのパスワード自動生成機能を利用するには、事前にChromeの同期を有効にして、パスワードが同期されるように設定しておく必要があります。この同期が未設定だと、パスワード生成が行われません。自動生成されたパスワードはインターネットを介して、クラウドにあるGoogleアカウントのストレージに同期(保存)されます。

Chromeで同期が有効になっているかどうか確認する Chromeで同期が有効になっているかどうか確認する

 同期を有効にする手順については、「閲覧履歴やブックマークをPCとスマホの間で同期、共有する」を参照してください。

 Chromeの同期を有効にすると、デフォルトで、自動生成されたパスワードも端末間で同期されます。この場合、ChromeでWebサイトにログインする場合は、自動生成したパスワードを別途記録しておく必要も、覚えておく必要もありません(Chromeがパスワードを保存および管理してくれます)。

 その他の準備としては、同期する各端末のChromeは最新版に更新しておきましょう。

ユーザーアカウント登録時にパスワードを自動生成するには

 以下では、アイティメディアIDを例に説明します。

 まずChromeで対象のアカウント登録ページを開いたら、パスワード入力欄をクリックしてフォーカスを移してみましょう。Chromeが自動的にパスワードを生成して、パスワード欄のすぐ下にその候補を表示します。

Chromeで、Webページのアカウント登録時にパスワードを自動生成する(1/3) Chromeで、Webページのアカウント登録時にパスワードを自動生成する(1/3)

 このとき、パスワード候補は伏せ字にならずそのまま露出するので、背後の誰かにのぞかれないように注意しましょう。

 パスワード候補をクリックすると、パスワード欄に自動で記入されます。

Chromeで、Webページのアカウント登録時にパスワードを自動生成する(2/3) Chromeで、Webページのアカウント登録時にパスワードを自動生成する(2/3)

 このとき(確認用ではない方の)パスワード欄をクリックすると、自動で生成・記入されたパスワードの伏せ字が解かれ、その内容が露出します。それを選択すると、クリップボードにコピーできます。

 パスワードを記入したページから、次のページに遷移すると、自動生成および記入されたパスワードがChromeと、同期中のGoogleアカウントに保存されます。同時に指定していればユーザー名(ID)も保存されます。

Chromeで、Webページのアカウント登録時にパスワードを自動生成する(3/3) Chromeで、Webページのアカウント登録時にパスワードを自動生成する(3/3)

●パスワード候補が表示されない場合は?

 パスワード欄をクリックしてもパスワード候補が表示されない場合は、パスワード欄を右クリックして表示されるコンテキストメニューで[パスワードを自動生成]をクリックします。

自動生成パスワードが表示されない場合はパスワード欄を右クリック 自動生成パスワードが表示されない場合はパスワード欄を右クリック

 右クリックしても[パスワードを自動生成]が表示されない場合は、「【Chromeトラブル対策】なぜかパスワードが保存されない」に記載のトラブル原因がないか、確認してください。

●同じサイトにユーザー名/パスワードが保存済みの場合は?

 同じWebサイトで既にユーザー名(ID)とパスワードがChromeに保存済みの場合、パスワード欄をクリックすると以下のようなメニューが表示されるので、[安全なパスワードを自動生成]をクリックして、パスワードを自動生成します。

複数のアカウントを登録する場合は[安全なパスワードを自動生成]をクリック 複数のアカウントを登録する場合は[安全なパスワードを自動生成]をクリック

●ユーザー名(ID)を別途指定してパスワードと一緒に保存するには

 アカウント登録ページの作りによっては、上記の手順だけだとパスワードだけ記録され、ユーザー名(ID)が保存されないことがあります。その場合は、以下の手順でユーザー名とパスワードと一緒に上書き保存します。

  1. (登録ページではなく)ログインページを開き、パスワード欄をクリックします。保存済みのパスワードが記入されます
  2. ユーザー名(ID)欄に手動でユーザー名(ID)を記入します
  3. アドレスバー(オムニボックス)右端に現れる鍵アイコンをクリックします
  4. パスワード保存ダイアログが表示されるので、[保存]ボタンをクリックします

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。