ニュース
» 2021年08月17日 08時00分 公開

シニア世代が「本当はいやだけど我慢していること」 サイボウズが、職場との関わり方に関する調査結果を発表「年下の上司」はそんなに気にならない

サイボウズは「シニア社員の職場との関わり」についての意識調査の結果を発表した。職場の人から気軽に話し掛けてほしいと考えているシニアが多く、職場の同僚といかに関わるかを意識していた。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 サイボウズ チームワーク総研(以下、サイボウズ)は2021年8月12日、「シニア社員の職場との関わり」についての意識調査の結果を発表した。この調査は、70歳まで就労機会を確保するよう努力義務を定めた「改正高年齢者雇用安定法」が2021年4月に施行されたことをきっかけに実施したもので、サイボウズは「今後の就業者高齢化を見据えて組織内協業の在り方について調べた」としている。

画像 職場の人にどのように接してほしいか(出典:サイボウズ

 調査対象はシニア世代(55〜64歳)の社員で3093人から回答を得た。

周囲と良好な関係が築けるかどうかが課題

 職場の人からどのように接してほしいかを聞いたところ、「気軽に話し掛けてほしい」と考えている人が多く、76.4%(複数回答)だった。次いで「新しい知識を教えてほしい」が52.7%、「職場や仕事の未来について話したい」が47.1%だった。

 サイボウズは「職場の人たちにとってシニア世代のほとんどが年上だ。そのため、コミュニケーションの難しさを感じているようだ」と考察する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。