連載
» 2021年08月18日 05時00分 公開

あなたに友達ができない本当の理由仕事が「つまんない」ままでいいの?(80)(2/3 ページ)

[竹内義晴(特定非営利活動法人しごとのみらい),@IT]

合うために「素の自分」を見せる

 友達を作るというと、「イベントや勉強会などに行く」「積極的に話し掛ける」みたいなアイデアが浮かぶことが多いのですが、合うが友達の絶対条件ならば、関わり方は少し変わってくるような気がします。

 周りの人と合う状況を作るためには、「私はこういう人間ですよ」ということを知ってもらう。表に出していく必要があるでしょう。

 それが「価値観」ならば、「私はこういう考えをしていますよ」ということを伝える。

 それが「趣味」「嗜好」ならば、「私はこういうことが好きだ」ということを見せる。

 それが「性格」ならば、正直に話す……でしょうか。癖や偏り、弱みを正直に話すのは、ちょっと恥ずかしいけれど。

 このように考えてみると、「人と人とのつながり」を作るためには、「とにかくいろんなところに出掛ける」といった積極性はあまり必要なくて、「素の自分」を見せる、ちょっとした勇気があればいいだけなのかもしれないですね。

なぜ、消極的な私に友達ができたのか?

 ここまで書いてきて、自分の謎が一つ、解けた気がしました。

 実は私、「人付き合い」という意味ではあまり積極的ではありません。どちらかといえば人見知りだし、積極的に話し掛けられないし、気の利いたことは言えないし。

 そんな消極的な私にも、友達はいます。「気心が知れた友人」を頭の中で思い浮かべると、それほど多くはありませんが、何人かは思い浮かびます。普段はそれほど頻繁に会わないけれど、悩みごとや困ったことがあれば、「ちょっと聞いてほしい」と言える間柄です。実は先日も、仕事で悩みが続いて少しつらかったので、久しぶりに連絡をして話を聞いてもらいました。

 なぜ、そのような友達ができたのか? それは恐らく、「自分が大切だと思うことを、話している」「伝えている」からかもしれないと、この文章を書きながら思いました。

 その手段は、直接お会いする機会があれば「話す」こともありますし、ブログなどを通じて「書く」場合もありますが、「私という人間は○○です」「○○は得意で、○○は苦手です」「大切なのは○○です」「将来は○○ができればいいなと思っています」のように、伝える。伝える機会がなければ、ブログなどに書いてそっと置いておく。

 そうした「素の自分」を話していく中で、相手が「この人なら合いそうだな」と思ってくれて、お互いの弱みや悩みを話すようになっていく。そして、関係性が深まっていく……そんな感じでした。

 いろんな場に出掛けていって、積極的に話し掛けるのは苦手です。でも、話の合いそうな人がいたら、「素の自分」を出して、相手から「この人なら合うな」と、逆に選んでもらえるようにしているのかもしれないな、と、この文章を書きながら気が付きました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。