連載
» 2021年09月03日 05時00分 公開

「2024年8月末」で廃止されるMicrosoft Azureのサービス、API、SDK、ツールへの対応に備えようMicrosoft Azure最新機能フォローアップ(154)

Microsoftは2021年8月、「2024年8月31日」に廃止予定のMicrosoft AzureのサービスやAPI、ツールを一斉発表しました。後3年ありますが、利用中のものがある場合は廃止までに対応を検討、実施することをお勧めします。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

3年後の「2024年8月末」に提供/サポートを終了するサービス

 本連載の第135回では、「2024年2月末」にサポートが終了する「Microsoft Azure」のサービスについて取り上げました。2021年2月に多数のサービスの終了が予告され、3月にはAzure IaaS(Infrastructure as a Service)の初期のデプロイモデルである「Azure Service Management(ASM)」の2年後の提供終了という大きな変更について取り上げました。そして、ARMベースの「仮想マシン(クラシック)」を、現在のAzureの標準デプロイモデルである「Azure Resource Manager(ARM)」へ移行することを勧める助言をしました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。