ニュース
» 2021年09月15日 08時00分 公開

「根拠を説明するAI」でインサイダー取引の審査を効率化 SBI証券とNEC「不正取引の手口が巧妙化し、審査の負担が増えている」

SBI証券はNECと共同で、インサイダー取引の審査業務にAIを導入する。2022年度に運用を開始する。「異種混合学習技術」を活用してAIモデルを構築し、SBI証券のインサイダー取引に関する取引データや重要事実データなどを学習させた。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 SBI証券は2021年9月14日、NECと共同でインサイダー取引の審査業務にAI(人工知能)を導入すると発表した。2022年度に運用を開始するという。

画像 「NEC AI 不正・リスク検知サービス for 証券」の利用イメージ(出典:SBI証券資料)

 SBI証券とNECは「インサイダー取引は審査観点が多岐にわたるため対象の絞り込みが難しく、多くの時間を割いていた。AIを活用して審査業務の高度化と効率化に取り組む」としている。

1次審査にかかる時間を約90%短縮できる

 SBI証券とNECによると「金融サービスのデジタル化に伴って不公正取引の手口が複雑化、巧妙化しており、金融サービス提供者の不公正取引の監視業務に負荷がかかっている」という。こうした中、SBI証券は、2019年12月に「NEC AI 不正・リスク検知サービス for 証券」を導入して「不公正取引の監視業務でのDX(デジタルトランスフォーメーション)」を推進してきた。

 インサイダー取引の審査業務に使うAIは、NECのAI技術群「NEC the WISE」の一つ。分析結果の根拠を可視化する「異種混合学習技術」を活用してAIモデルを構築し、SBI証券のインサイダー取引に関する取引データや重要事実データなどを学習させた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。