ニュース
» 2021年09月10日 08時00分 公開

定量的な根拠付きで「引き合いが増えそうな課題」を提示するAI NTT東日本と日立製作所が実証実験を開始「課題が顕在化する前」の提案が可能に

NTT東日本と日立製作所は、AIで「営業の提案内容」を最適化する実証実験を開始する。予測根拠を説明できるAIと、トレンドデータを活用したAI予測モデルによって、複雑化する市場動向や競争環境を踏まえた顧客の潜在ニーズを発掘するという。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 NTT東日本と日立製作所は2021年9月9日、AI(人工知能)で「営業の提案内容」を最適化する実証実験を同年9月10日に開始すると発表した。予測根拠を説明できるAI「XAI」(Explainable AI)と、トレンドデータを活用したAI予測モデルによって、複雑化する市場動向や競争環境を踏まえた顧客の潜在ニーズを発掘する。

画像 XAIとトレンドデータを活用して提案活動を支援するイメージ(出典:NTT東日本資料)

提案活動データとトレンドデータを分析

 実証実験は商材情報、顧客への訪問や電話応対の履歴、成約と失注の取引履歴などNTT東日本が持つ「提案活動データ」と、新聞記事などにキーワードが出現した日や出現回数の増減といった「トレンドデータ」をXAIで分析し、潜在ニーズや新しい兆候といった情報を提示する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。