連載
» 2021年10月04日 05時00分 公開

【 Test-ComputerSecureChannel 】コマンドレット――Active Directoryにおけるセキュアチャネルを確認、修復するWindows PowerShell基本Tips(25)

本連載は、PowerShellコマンドレットについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は「Test-ComputerSecureChannel」コマンドレットを解説します。

[国井傑,株式会社ソフィアネットワーク]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Windows PowerShell基本Tips」のインデックス

連載目次

 本連載では、Windows PowerShellの基本的なコマンドレットについて、基本的な書式からオプション、具体的な実行例までを分かりやすく紹介していきます。今回は、セキュアチャネルが破損し、Active Directoryにサインインできなくなったときに修復する「Test-ComputerSecureChannel」コマンドレットです。

Test-ComputerSecureChannelコマンドレットとは?

 「Test-ComputerSecureChannel」は、PowerShellを利用してActive Directoryに接続する際に使用するセキュアチャネルを確認、修復するコマンドレットです。

 セキュアチャネルは、ドメイン参加のデバイスがドメインコントローラーと接続を開始するときに確立する通信チャネルで、デバイスに設定されたコンピュータアカウントのパスワードを利用して認証した上で確立します。

 しかし、パスワードは定期的に(自動的に)変更されるため、新しいパスワードに正しく変更されないと認証に失敗し、サインイン時に「このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しました」というエラーメッセージが表示されます。

 このエラーが表示されたときに、Test-ComputerSecureChannelコマンドレットを実行してパスワードをリセットすれば、再び正しく通信チャネルを確立できるようになります。


Test-ComputerSecureChannelコマンドレットの書式

Test-ComputerSecureChannel [オプション]


Test-ComputerSecureChannelコマンドレットの主なオプション

オプション 意味
-Repair コンピュータパスワードをリセットする。省略可能
-Credential 資格情報を指定する。省略可能
-Verbose 通信チャネルの確立テストに関する詳細を表示する。省略可能


通信チャネルの確立テストを行う

 オプションを指定せずにTest-ComputerSecureChannelコマンドレットを実行することで、通信チャネルの確立テストを行えます(画面1)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。