ニュース
» 2021年10月21日 08時00分 公開

約半数が「信頼できる有名なソフトウェアがあればサプライチェーン攻撃は怖くない」と認識 アクロニスがサイバー攻撃に関するレポートを発表攻撃者にとってテレワーカーは「魅力的なターゲット」

アクロニスは「Acronis Cyber Readiness Report」を発表した。それによるとテレワークへの移行準備ができていない企業の割合は80%を超えており、テレワーカーが攻撃者にとって「最も魅力的なターゲット」になっているという。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 アクロニスは2021年10月20日、「Acronis Cyber Readiness Report 2021」(アクロニスによるサイバーレディネスレポート 2021年版)を発表した。

画像 「Acronis Cyber Readiness Report 2021」(提供:アクロニス

 このレポートは世界18カ国の中小企業に勤める3600人のIT管理者とテレワーカーを対象に実施した調査結果をまとめたもの。

「少なくとも1日に1回はサイバー攻撃を受けている」が約3割

 レポートによると、テレワークへの移行準備ができていない企業の割合は80%を超え、サプライチェーン攻撃に対するセキュリティに関して約半数が「信頼できる有名なソフトウェアを使用すれば十分に保護できる」という誤った認識を持っていた。

 「少なくとも1日に1回はサイバー攻撃を受けている」と回答した企業の割合は約3割で、2020年に実施した同調査とほぼ同じ割合だった。それに対して「攻撃を受けていない」と回答した割合は、前年度から12ポイント減少して20%だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。