ITmedia DX
ニュース
» 2021年10月29日 16時00分 公開

デジタルファーストの世界で企業が追求すべき変革とはIDCが2022年以降のIT業界動向に関する10の予測を発表

IDCは2022年以降の世界のIT業界動向に関する10の予測を発表した。デジタルファーストの世界への移行が進む中、企業の競争環境の変化や必要となる変革を展望している。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IDCは2021年10月26日(米国時間)、2022年以降の世界のIT業界動向に関する10の予測を発表した。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的流行)は世界のビジネスエコシステムに影響を与え続けているが、「“デジタルファースト”の世界への着実な移行という重要なトレンドは変わっていない」との認識を示した。

 「2022年までに、世界経済の5割以上はデジタルベースになるか、あるいはデジタルの影響を受ける」と予想しており、その理由として、ほとんどの商品やサービスが、競争力を維持するために、デジタルデリバリーモデルを利用するか、またはデジタル拡張を必要とすることを挙げている。

 さらにIDCは企業がデジタルファーストの世界で競争するには、物理空間や資産の高度化に向けたデジタルツール投資を優先させる必要があると指摘する。

 2024年までに情報通信技術(ICT)投資の5割以上が、デジタルトランスフォーメーション(DX)に関連して行われるようになる見通しという。

 「CIO(最高情報責任者)は『サービスとしての』『結果中心の』技術デリバリーモデルに対応した調達や開発、運用チームを確立する必要がある。一方、ICTプロバイダーの第1の仕事は、企業におけるデータの共有や利用、ガバナンス、価値向上を支援することだ」と、IDCのワールドワイドリサーチ担当グループバイスプレジデント、リック・ビラーズ氏は述べている。

 世界のIT業界動向に関するIDCの10の予測は次の通り。

1 デジタルファーストが顧客対応と運用で進む

 2024年までにデジタルファースト企業は、技術支出とサービス支出の70%を「サービスとしての」「結果中心の」モデルに振り向けることで、共感を得る顧客エクスペリエンスとレジリエントな(回復力の高い)運用モデルを実現する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。