ニュース
» 2022年03月25日 08時00分 公開

パッケージ型からクラウドサービス型への移行が進む ITRが国内ERPの市場予測を発表「市場拡大の追い風が吹いている」

ITRは、国内ERPの市場予測を発表した。2020年度の売上金額は対前年度比6.9%増の1229億円。SaaSは対前年度比27.2%増と高い伸びを示したのに対して、パッケージは対前年度比2.4%減だった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 アイ・ティ・アール(ITR)は2022年3月24日、国内ERP(Enterprise Resources Planning)の市場予測を発表した。ITRは2020年度の売上金額を対前年度比6.9%増の1229億円、2021年度は対前年度比14.6%増の1409億円と予想している。

画像 ERP市場規模推移と予測(提供:ITR

「データドリブン型経営」を強化する傾向が高まっている

 ITRは「2020年度のERP市場は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響によって成長率は低めだった。2021年度は、全般的に復調傾向にある」としている。

 老朽化したERPシステムのリニューアル案件に加え、2022年4月に施行される改正電子帳簿保存法への対応や、新規案件が拡大傾向にあり、ITRは2020〜2025年度のCAGR(年平均成長率)を11.6%と見込んでいる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。