連載
» 2022年04月06日 05時00分 公開

Azureの「ストレージアカウント(クラシック)」が間もなく廃止! 利用者は早めの対応をMicrosoft Azure最新機能フォローアップ(167)

Microsoftは2022年3月末、Azureストレージの「ストレージアカウント(クラシック)」利用者に対し、サービスの廃止予定を通知しました。完全に廃止されるまでにはまだ余裕がありますが、既存環境への影響を評価した上で、Azureリソースマネージャータイプの「ストレージアカウント」に移行してください。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

「ストレージアカウント(クラシック)」の使用の有無を確認

 「ストレージアカウント(クラシック)」は、Microsoft Azure初期のレガシーな「Azure Service Management(ASM)」デプロイタイプに基づいたリソースです。Azureでは標準となってもう長い、新しいデプロイタイプの「Azureリソースマネージャー(ARM)」へのサービス移行は既に終えていますが、ASMのサポートも継続してきました。本連載の第133回に紹介したように、ASMデプロイタイプの「仮想マシン(クラシック)」は「2023年3月」に完全にサービスを終了します。

 Microsoftは2021年8月、「ストレージアカウント(クラシック)」のサービスを「2024年8月31日」に廃止することを発表しています(画面1)。利用者に対しては、2022年3月末にそのことと、2022年8月1日以降に「ストレージアカウント(クラシック)」の新規デプロイができなくなることが電子メールなどで通知されました。

画面1 画面1 しばらく前からAzureポータルで「ストレージアカウント(クラシック)」のページを開くと、サービスの廃止のアナウンスが表示される

 新規デプロイの廃止は既にデプロイ済みの「ストレージアカウント(クラシック)」リソースには影響しませんが、「ストレージアカウント(クラシック)」のサービスの提供は「2024年8月31日」に完全に終了します。

 現在、「ストレージアカウント(クラシック)」を利用している場合は、2024年8月31日までにARMデプロイタイプの「ストレージアカウント」に移行するか、「ストレージアカウント(クラシック)」に依存するサービスの利用停止と併せてリソースを削除する必要があります。

 なお、本連載第133回で紹介した「仮想マシン(クラシック)」のARMへ移行しても、仮想ディスク(VHD)をはじめとする記憶域リソースは「ストレージアカウント(クラシック)」に配置されたままであることに注意してください。

 「ストレージアカウント(クラシック)」を利用中であるかどうかは、Azureポータルの「ストレージアカウント」ブレードの一覧を見れば一目瞭然です。ARMタイプの「ストレージアカウント」は多色のカラーアイコンで表示され、「ストレージアカウント」の種類で識別できます。一方、「ストレージアカウント(クラシック)」は水色のカラーアイコンで表示され、「microsoft.classicstorage」から始まる種類で識別できます(画面2)。

画面2 画面2 筆者のAzureサブスクリプションに残っていたストレージアカウント(本連載第133回で移行した仮想マシンのVHDが配置されている)

Azureポータルを使用して簡単にARMに移行可能

 「ストレージアカウント(クラシック)」ページの「設定」下にある「ARMへの移行」を開くと、ストレージアカウントのASMからARMへの移行を簡単な手順で実施できるメニューが表示されます(画面3)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。