プログラミング言語「TypeScript 4.6」をMicrosoftが公開生産性やパフォーマンスが向上

Microsoftは「TypeScript 4.6」を公開した。型推論や構文エラーのチェックなど多くの機能が追加、改善され、パフォーマンスも向上している。

» 2022年04月18日 12時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2022年2月28日(米国時間)、オープンソースのプログラミング言語の最新版「TypeScript 4.6」を公開した。

 コンストラクタにおけるsuper()の前でのコード実行や、分割された判別可能なユニオンの制御フロー解析など、多くの機能追加や改良が行われ、生産性やパフォーマンスが向上している。

 TypeScriptは静的型付けができる言語であり、JavaScriptのスーパーセットだ。ECMA規格に従った最新のJavaScriptの機能を、古いWebブラウザやランタイムが扱えるようにコンパイルすることもできる。

 TypeScriptは、NuGetを使うか、次のコマンドラインのように、npmを使ってインストールできる。

npm install typescript

 TypeScript 4.6は「Visual Studio 2022」と「Visual Studio 2019」のエディタでサポートされており、「Visual Studio Code」(以下、VS Code)と「Sublime Text 3」でも利用できる。TypeScript 4.6の主な特徴は次の通り。

TypeScript 4.6の主な特徴

コンストラクタでsuper()の前にコードを実行可能

 コンストラクタで「this」が参照される前に「super()」が参照されることを保証するチェックが緩やかになった。これにより「super()」の前で他のコードを実行できる。従来はこのチェックが厳しかったため実行は不可能だった。

分割された判別可能なユニオンの制御フロー解析

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。