連載
» 2022年04月20日 05時00分 公開

なんでそーなるの? Windows 11で見つけた愉快な日本語たちその知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(208)

前回はWindows 11に標準で組み込まれている「Microsoft Defender Antivirus」の「オフラインスキャン」が役に立たないかもしれないという問題を取り上げました。今回は、日本語版Windows 11でちょくちょく目にする「変な日本語訳」を取り上げます。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Windowsにまつわる都市伝説」のインデックス

Windowsにまつわる都市伝説

あなたはそこに100%(解決済み)

 Windowsは英語(en-us)ベースで作成されており、言語パックによって日本語を含む各国語のローカライズに対応しています。特に「Windows 10」以降、ローカライズは自動翻訳とWindows Insider Program(「フィードバックHub」を通じた翻訳クエストや誤訳のフィードバック)への依存度が高まったようで、とても日本語をネイティブに利用している人が開発者に含まれているとは思えない表現や誤訳を目にすることがあります(Insiderビルドならまだしも、正式リリースされた製品でさえもです)。

 「Windows 11」の正式リリース時には、毎月のWindows Update後の再起動時に「あなたはそこにXX%です。」という意味不明な表現を目にした人は多いと思います(画面1)。

画面1 画面1 再起動時のこの表現はなんともおかしなものだった。既に解消されているが、初期メディアを使用してアップグレードやインストールした場合は、今でも目にすることになる

 この問題は既に解消されていますが(「XX%完了。」に修正)、アップグレードや新規インストール後の最初(あるいは数回の)Windows Updateのための再起動で目にするかもしれません。

 この問題を解消するには、リリース後の累積更新プログラムだけでなく、Microsoft Store経由で最新の「日本語ローカルエクスペリエンスパック」に更新する必要もあります(2022年3月に更新されたインストールメディアでは最初から解決されているかもしれません)。

 「あなたはそこにXX%です。」の問題は、Insiderビルドのときからのもので、正式リリース後にようやく修正されたわけですが、フィードバックの賛成票が多くないと、修正対象としての優先度は低くなってしまい、この問題のように数カ月かかることもあれば、放置されることもあるかもしれません。

 2022年3月までの累積更新プログラムと日本語ローカルエクスペリエンスパックの時点で放置されている変な日本語を、修正されることを期待して、修正される前に記念としてスクリーンショットに残しておきました(既にフィードバックされているものや、Windows 10以前からのものも含まれます)。では始めましょう。

「恩」があります

 変なところ、気が付きましたか(画面2)? 「設定」のどこかにあります。場所はご自分で探してみてください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。