連載
» 2022年04月27日 05時00分 公開

Windows 11へのアップグレードの機会に、PCをリフレッシュしてみない?[後編]要件に満たないPCはどうなる?山市良のうぃんどうず日記(230)

前回は人から譲り受けたWindows 10 PCを再利用するためにきれいな状態にリフレッシュしました。直接Windows 11を新規インストールしなかったのは、無料アップグレードのためでもありますし、メーカー提供のユーティリティーやドライバのためでもあります。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「山市良のうぃんどうず日記」のインデックス

山市良のうぃんどうず日記

アップグレード前のフルバックアップ

 前回、「PCのリセット」で「Windows 10」のHomeエディション(x64版)、バージョン21H2をクリーンな状態にリフレッシュしました。今回は、その続きで、「Windows 11」への無料アップグレードを行います。その前に、今回もシステムイメージの作成から始めます。前回までの作業で作り上げたWindows 10環境をフルバックアップしておくことで、万が一のときにアップグレード前のWindows 10環境を完全に復元できるようにしておきます(画面1

画面1 画面1 今回もシステムイメージの作成によるフルバックアップから(システム修復ディスクの作成は不要)

インストールメディアからの無料アップグレード

 前回も説明しましたが、今回セットアップしているPCは人から譲り受けたPCであり、惜しくもCPUモデルだけがWindows 11のシステム要件を満たしていません。そのため、Windows 11がWindows Updateを通じて配布されることはありません。今回は以下のサイトで公開されているツールで作成したインストールメディアを使用します。

 Windows 11のシステム要件を満たしていないPCでWindows 11のセットアップを開始しても、「このPCは現在Windows 11のシステム要件を満たしていません」と表示され、続行することはできません(画面2)。

画面2 画面2 CPUモデルだけがWindows 11の要件を満たしておらず、セットアップを続行できない

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。