ニュース
» 2022年04月28日 11時00分 公開

Microsoft、「Azure Managed Grafana」のプレビュー版をリリースOSS可視化ツールGrafanaをフルマネージドサービスとして提供

Microsoftは、OSS分析可視化ツール「Grafana」のフルマネージドサービス「Azure Managed Grafana」のプレビュー版を提供開始した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2022年4月18日(米国時間)、「Azure Managed Grafana」のプレビュー版を提供開始したと発表した。Azure Managed Grafanaは、Grafana Labsが開発したオープンソースソフトウェア(OSS)分析可視化ツール「Grafana」を、「Microsoft Azure」クラウドプラットフォームでネイティブに実行できるフルマネージドサービス。

 Grafanaは、ログやトレース、指標など各種データを、保存場所にかかわらず組織全体から集めてダッシュボードに表示できる。Microsoftは「フルマネージドのAzure Managed Grafanaによって、セットアップに煩わされることなくGrafanaを導入でき、GrafanaダッシュボードはAzureのサービスやセキュリティとシームレスに統合される。高可用性、SLA保証、自動ソフトウェア更新も利用可能になる」としている。

コンテナやアプリケーションの動作状況に関する洞察を提供するダッシュボード(提供:Microsoft

Azureや他のデータソースとのシームレスな接続

 Grafanaは拡張可能なアーキテクチャを採用しているので、ユーザーはオンプレミス、Azure、マルチクラウド環境にわたる複数のデータソースを関連付けることが可能だ。それらのテレメトリー(遠隔測定データ)を単一のユーザーインタフェースで可視化する。

 Azure Managed Grafanaは、「Azure Monitor」「Azure Data Explorer」といったサービスのAzureネイティブなデータソースに最適化されており、ユーザーは、サブスクリプションに含まれる任意のリソースに接続し、得られるテレメトリーを、使い慣れたGrafanaダッシュボードで表示できる。

 モニタリングに使用している「Azureポータル」内の既存チャートを保持することもできる。サービス間の統合によって、Azureポータル内の任意のチャートをワンクリックで“ピン留め”してAzure Managed Grafanaインスタンスに移行し、移行プロセス全体を自動化できる。

 Azure Managed Grafanaは、Azure Monitorの機能に対応したビルトインダッシュボードセットも提供し、ユーザーのデータ可視化を支援する。例えば、ダッシュボードが用意しているAzure Monitorの機能には、アプリケーションの洞察、コンテナの洞察、仮想マシンの洞察、アラートなどがある。

Azure Monitorのアプリケーションの洞察機能に対応したダッシュボード(提供:Microsoft

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。