連載
» 2022年05月12日 05時00分 公開

バグ修正が主なマイナーアップデート「Windows Admin Center 2110.2」がリリース、前バージョンのサポート切れに要注意Microsoft Azure最新機能フォローアップ(170)

Microsoftは2022年4月27日(米国時間)、「Windows Admin Center(WAC)」の最新GAバージョン「WAC 2110.2」をリリースしました。今回のGAリリースはバグ修正が中心であり、新機能はごくわずかですが、WAC 2110のサポートは30日後に終了するため、利用中の場合は早めに更新してください。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

マイナーバージョンとしてリリースされたWAC 2110.2

 「Windows Admin Center(WAC)」は、Windows Server、Windowsクライアント、Windows Serverと「Microsoft Azure」のハイブリッド環境、そして2021年2月に正式リリースとなったハイパーコンバージドインフラストラクチャである「Azure Stack HCI」のセットアップと構成、管理に対応したWebベースの管理ツールです。

 これまでWACのGA(Generally Available、一般提供)リリースは、おおむね半年ごとのメジャーバージョン(YYMM形式、YYは2桁の暦、MMは2桁のGAビルド完成月)がリリースされ、その間にマイナーバージョン(YYMM.x、xは数字)がリリースされる場合もありました。

 今回リリースされた最新のGAバージョン「2110.2」は、2021年11月にリリースされた、「Windows Server 2022」「Windows 11」「Azure Stack HCI 21H2」に対応したWAC 2110に対するバグ修正を主な目的としたマイナーバージョンになります(画面1)。

画面1 画面1 Windows Admin Center(WAC)の最新バージョンが「2110.2」に

 WAC 2110では、「ロールベースのアクセス制御(RBAC)」と「すべての接続」ページの検索機能、幾つかの拡張機能のバグが修正されています。また、新機能として、「HSTS(HTTP Strict Transport Security Standard)」サポートが既定で常に有効化されるようになり、管理者の資格情報の有効期間を指定して再認証を要求できるようになりました(画面2)。

画面2 画面2 「設定」→「全般」ページの2つ目の有効期限オプションが新機能として追加(1つ目はWAC 2110の新機能)

WAC 2110は「30日以内」にサポート終了、早めに対応を

 既にWAC 2110を利用中で、自動更新機能が有効になっている場合は(「設定」→「全般」で「Windows Admin Centerを自動的に更新する」がオン)、WAC 2110.2(1.3.2204.19002)に自動的に更新されます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。