連載
» 2022年06月15日 05時00分 公開

Windows Server 2022のSMTPサーバが構成不能に! さあどうしましょうその知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(212)

Windows Serverの「SMTPサーバ」機能は、Windows Server 2012で開発終了扱いとなり、将来削除される可能性があるため使用が非推奨になりました。最新のWindows Server 2022ではまだ削除されていないので、使用は可能です。しかし、この機能を構成可能な(おそらく)唯一のユーザーインタフェース「IISマネージャー」がエラーになり、事実上、設定を構成できないという問題があります。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Windowsにまつわる都市伝説」のインデックス

Windowsにまつわる都市伝説

まだ存在するのに事実上使えなくなってしまったSMTPサーバ

 Windows Serverの標準機能の一つである「SMTPサーバ」は、レガシーな機能でありながら、IT管理者が電子メールの中継サーバとして便利に利用してきた機能です。

 Windows Serverの標準ツール(「ファイルサーバーリソースマネージャー」など)を含め、古くからある管理ツールの中には、メール通知機能を備えたものがあります。しかし、ポート番号が「25」に固定されていたり、TLS認証など最近のメールサーバが要求する認証に対応していなかったりするなど、それだけでの利用には難があります。

 そのような場合、SMTPサーバを中継サーバとしてセットアップすると、電子メールを社内または外部のメールシステムに安全に転送できます(中継をローカルサーバからのアクセスのみに制限できます)。「Windows Server 2012」で非推奨の機能になってしまいましたが、追加コストをかけずに電子メールの通知環境を簡単に整備できたのです。

 最新の「Windows Server 2022」にもSMTPサーバの機能はまだ残っています。しかし、この機能を有効化して、「インターネットインフォメーションサービス(IIS)6.0マネージャー」(以下、IISマネージャー)のMMC(Microsoft管理コンソール)スナップインでSMTP仮想サーバ(既定は「SMTP Virtual Server #1」)のプロパティを開こうとしてもエラーとなり、簡単に開くことができないという問題があります(画面1)。

画面1 画面1 Windows Server 2022で「SMTPサーバ」の機能を有効化しても、スナップインのエラーが多発して設定を行うことが事実上不可能

 何度もエラーを繰り返していれば、運よく「プロパティ」を開けることもありますが、設定を完了して「OK」または「適用」ボタンをクリックすると、MMCスナップインが強制終了されてしまい、設定を保存することができません。

IISマネージャーのバックアップと復元機能を利用すれば移行は可能だけど……

 そこで、SMTPサーバが構成済みの「Windows Server 2019」を、Windows Server 2022にインプレースアップグレードしたらどうなるのか試してみました。SMTPサーバの機能は引き継がれましたが、残念ながら設定は初期状態に戻っていました。

 しかし、何度か試してみて分かったのですが、構成済みの設定をバックアップし、インプレースアップグレード後、設定のバックアップを復元したところ、設定を引き継ぐことができました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。