連載
» 2022年07月04日 05時00分 公開

【Windows 11トラブル】Wi-FiのSSIDが一覧表示されないTech TIPS

Windows 11では、ユーザーインタフェースが変更されたことで、さまざまな設定などで戸惑うことも多い。その1つが無線LAN(Wi-Fi)の設定だ。Windows 10では通知領域にある[インターネット]アイコンをクリックすると、SSIDの一覧が表示されて簡単に接続できたが、Windows 11では一覧が表示されなくなってしまった。どうやって無線LANに接続すればいいのだろうか。

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Windows 11


Windows 10とWindows 11の[ネットワーク]アイコンをクリックした際の表示 Windows 10とWindows 11の[ネットワーク]アイコンをクリックした際の表示
Windows 10では、通知領域の[ネットワーク]アイコンをクリックすると、利用可能な無線LAN(Wi-Fi)のSSIDが表示された。ところがWindows 11では仕様が変わり、「クイック設定」と呼ばれる画面が表示され、SSIDが表示されなくなってしまった。どこで無線LANに接続すればいいのだろうか?

 「Windows 11」にアップグレードすると、通知領域(インジケーター領域)に表示されているシステムアイコンの[ネットワーク]アイコンをクリックしても、Windows 10のように接続可能な無線LAN(Wi-Fi)の「SSIDの一覧」が表示されなくなってしまう。代わりに「クイック設定」と呼ばれる無線LANやBluetoothのオン/オフ、ディスプレイの明るさなどの調整ができるパネルが表示される。

 Windows 11で無線LANに接続するにはどうすればいいのだろうか。Windows 11で無線LANに接続する手順を紹介しよう。

「クイック設定」から無線LANを設定する方法

 [ネットワーク]アイコンをクリックし、「クイック設定」を開く。[無線LAN]アイコンの右側にある[>]部分をクリックすると、接続可能な無線LANのSSIDが一覧表示される。接続したい無線LANのSSIDをクリックし、[接続]ボタンをクリックすると、[ネットワークセキュリティキーの入力]ダイアログが表示されるので、SSIDに対応する暗号化キー(パスワード)を入力して、[次へ]ボタンをクリックすると、無線LANの接続が行える。

「クイック設定」から無線LANを設定する(1) 「クイック設定」から無線LANを設定する(1)
通知領域の[ネットワーク]アイコンをクリックし、「クイック設定」を表示する。左上にある[無線LAN]アイコンの[>]部分をクリックする。
「クイック設定」から無線LANを設定する(2) 「クイック設定」から無線LANを設定する(2)
「クイック設定」から無線LANを設定する(3) 「クイック設定」から無線LANを設定する(3)
「自動的に接続」にチェックを入れておくと、暗号化キーが保存され、次回から自動的にこのSSIDに接続が行われるようになる。
「クイック設定」から無線LANを設定する(4) 「クイック設定」から無線LANを設定する(4)
「クイック設定」から無線LANを設定する(5) 「クイック設定」から無線LANを設定する(5)

無線LANが有効になっていることを確認する

 機種によっては、無線LANのオン/オフが物理スイッチやファンクションキーで切り替えられるものがある。こうした機能で、無線LANが「オフ」になっていると、「クイック設定」の[無線LAN]アイコンの右側にある[>]部分をクリックした際に「Wi-Fiがオフです」と表示されるので、物理スイッチなどで無線LANがオフになっていないかどうかを確認しよう。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。