ニュース
» 2022年07月08日 08時00分 公開

DaaS急成長、クライアント仮想化は減少ーーIDC調査で見える次のPC環境とはシンクライアント市場はマイナス成長

IDC Japanは、国内クライアント仮想化関連の市場シェアを発表した。シンクライアント専用端末市場とクライアント仮想化ソリューション(オンプレミス)市場は2年連続マイナス成長だったのに対して、DaaS市場は拡大した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IDC Japanは2022年7月6日、国内クライアント仮想化関連の市場シェアを発表した。シンクライアント専用端末市場と、クライアント仮想化ソリューション(オンプレミス)市場、クライアント仮想化サービス(DaaS:Desktop as a Service)市場について、それぞれの主要ベンダーの競合状況を分析している。

画像 国内クライアント仮想化ソリューション市場のベンダー別売上額シェア(提供:IDC Japan

シンクライアント専用端末市場のシェア1位は日本HP

 国内シンクライアント専用端末の2021年の出荷台数は、対前年比30.7%減の21万9014台となっており、2年連続でマイナス成長だった。IDC Japanによるとこの市場は規模が小さく、数万台規模の超大型案件(7年周期のリプレースメントサイクル)に影響されるため、「2022年が底になり、過去最大の出荷台数を記録した2019年の7年後に当たる2026年には再びピークを迎える」という。シェアは、1位が日本HP、2位は富士通、3位はデル、4位はAtrust、5位はNECだった。

クライアント仮想化ソリューション市場はマイナス成長

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。